黒木ノ水岩

黒木ノ水岩

ゲームを中心に様々なものを趣味の赴くままに紹介していきます。尚、当ブログの利用や掲載内容等により生じた損害等の責任は一切負いかねますので、ご了承下さい。

超快適!寝ながらゲームを実現する方法!

今回は、誰しも一度は考えるであろう、寝ながらゲームができる環境についてご紹介します。

 

携帯ゲーム機なら寝っ転がって遊べますが、本体をずっと持ってると、手や腕が疲れてしまいますよね。

 

そんな時、今回紹介するグッズがあれば、本体を持つ事なく、快適に寝ながらゲームできる環境が作れるのです!

 

さらに、ゲームだけでなく動画や映画もベッドに寝たまま観れるので、とっても便利♪

動画視聴は、Amazonプライムに入っているなら、Fire TV Stickが簡単で快適なのでオススメですよ!

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

  • 発売日: 2019/01/23
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

完成イメージは、こんな感じになります。

f:id:ride_wa:20191124014522p:image

場合によっては最低でもアームスタンド1つあれば良いので、とっても安くて簡単にできちゃいます。

 

という訳で、早速その人をダメにする環境づくりについて、必要なものや作り方を紹介していきたいと思います!(笑)

 

 

寝ながらゲーム環境のココがスゴい!

モノさえ揃えば簡単に作れるので、とてもお手軽です。

これが実現できると何が嬉しいのか、ポイントを4つに絞って説明して行きますね!

 

簡単に作れて、かつ色んなシーンで役に立つので、是非作ってみて下さい!

 

寝ながら遊べるので疲れにくい!

学校や仕事から帰って来て、「あ〜疲れた〜」という時でも、ベッドにダイブしたまま遊べます。

 

また、風邪やインフルエンザにかかっても寝たまま遊べるので、ヒマな療養中でもゲームが楽しめます。

ただし、やり過ぎには注意してくださいね^ ^;;

 

メガネが無くても裸眼で遊べる!

私自身も目が悪く、常にメガネなのですが、家では極力メガネを外したいですよね。

コンタクトの人も同じなのではないでしょうか?

 

アームスタンドのアームを調節する事で、目とディスプレイの距離をグッと近づける事ができます。

 

そのため、目が悪い人でも、メガネやコンタクトなしで裸眼で遊べるのです。

 

アームの調節も簡単で、裸眼で映像がはっきり見える位置までディスプレイを動かすだけです。

遊ぶたびにディスプレイの位置調整が必要ですが、3秒くらいでできるので、大した手間ではありません。

 

何より、裸眼でプレイできるので、いつ寝落ちしても大丈夫です。笑

 

使わない時はコンパクトに収納可能!

アームスタンドのアーム部分は、ディスプレイを装着したまま折りたためるため、意外と省スペースです。

f:id:ride_wa:20190920175653j:image

 

遊ばない時はアームを折りたたんで収納し、遊ぶ時はまたアームを伸ばすだけなので、セッティングも楽々行えます。

 

ハードを選ばず、幅広いゲームに対応!

PS4、Switch、PC等の据え置きゲームやスマホゲーなど、ほとんど全てのゲームを寝ながらプレイする事ができます。

 

ディスプレイに画面を映す手段さえ用意できれば、どんなハードのゲームでもOKです。

 

スマホや携帯機のゲームの場合は、元々寝ながらゲームできてしまうので、あまりメリットが無いように見えます。

 

しかし、ディスプレイに映す事によって大画面でプレイできますし、スマホの場合は画面ボタンの代わりにBluetoothコントローラでプレイできるので、操作性も向上します。

 

用意するもの

環境構築に必要なものは場合によって異なりますが、基本的に以下の3点です。

  • モバイルディスプレイ
  • アームスタンド
  • ワイヤレスコントローラ 

この中で必須なのはアームスタンドだけなので、人によってはかなり安上がりで済みます。

 

また+αであると便利なものは、以下の2つです。

  • HDMI切替器
  • HDMI分配器
  • 結束バンド(マジックテープ型)

 

それでは、これらがどんな時に必要かを踏まえて、1つ1つ説明していきます。

 

モバイルディスプレイ

環境構築のメイン、モバイルディスプレイです。

ただし、以下のような方は必要ありません。

  • PS4やPCなど据え置きゲームを遊ばない方
  • Switchの携帯モードでのみ遊ぶ方
  • PS4をリモートプレイでのみ遊ぶ方

 

逆に、PS4やPCなどの据え置きゲームを遊んだり、据え置きでもリモートプレイが難しいゲーム(FPSなど)を遊ぶ方は必須です。

 

ディスプレイの選定は環境構築の要なので、詳しく解説します。

選定にあたって重要なポイントは以下の6つです。

  • 画面サイズ
  • 解像度
  • リフレッシュレートと応答速度
  • 音声出力
  • 入力端子の数
  • パネルのタイプ

 

画面サイズ

何インチのディスプレイにするか?という事ですが、今回の場合、画面サイズは大きくても小さくてもダメなのです。

 

というのも、寝ながらゲームする場合、必然的に目と画面の距離が近くなるので、大き過ぎると視界に画面が入りきらなくなってしまうんですね。

そんな時はディスプレイとの距離を長くすれば良いのですが、そうすると裸眼でのプレイが難しくなってきます。

 

逆に小さ過ぎると解像度が低く画像が粗くなる傾向がありますし、据え置きゲームをプレイする場合は物足りなさを感じるでしょう。

 

そのため、個人的には9インチ〜11インチ付近のサイズが最適だと思います。

ただし、視界の範囲は個人差があるので、以下の方法で自分に適したサイズを選ぶと良いと思います。

 

<最適な画面サイズの確認方法>

  1. 10インチくらいのサイズに切り取った紙に小さい文字を書く
  2. 両手で紙を持ち、文字が見えるギリギリの距離を探す
  3. この時、紙の全体がどの程度視界内に収まっているかを確認する

紙全体がぴったり収まっていれば10インチ、余裕で収まっていれば11インチ、紙の一部が収まっていなければ9インチを選ぶ…と言った感じです。

 

Nintendo Switchを持っている人は、携帯モードで使う分にはディスプレイが必要ないので、試しにアームスタンドだけ買ってセッティングしてみるのも良いと思います。

 

解像度

ディスプレイの解像度は、1920×1080あれば十分です。

 

解像度は高ければ高いほど画像は綺麗になりますが、PS4はそもそも1920×1080までしか対応してません。

Switchなどの他のゲーム機であっても、このくらいの解像度があれば十分に綺麗です。

 

リフレッシュレートと応答速度

リフレッシュレートと応答速度は、FPSゲームをする人にとっては特に重要です。

リフレッシュレートは高く、応答速度は小さい方が、動きがより鮮明に滑らかに見えるので良いとされています。

 

しかし、PS4はリフレッシュレートが60Hzまでしか対応してませんし、殆どのゲームの場合、リフレッシュレートは60Hz、応答速度も10msあれば十分です。

 

よほどのFPSガチ勢プレイヤーでもない限り、上記のスペックで十分と思って良いと思います。

 

音声出力

普通のゲームをプレイするなら、スピーカーがディスプレイに内蔵されているものが便利です。

音にこだわりのある人は、イヤホンジャックがあるものが良いと思います。

 

私の場合、PS4FPSをするためにMixAmpを使っているので、この辺はあまり気にしませんでしたが、スピーカーとイヤホンジャックの両方付いてると大変便利です。

 

入力端子の数

これは、複数のゲーム機のゲームをプレイしたい人は気をつけるべきポイントになります。

 

例えば、PS4とSwitchを両方持っていて、どちらのゲームも寝ながらプレイしたいとします。

このとき、映像の入力端子が1つしか無いと、遊ぶゲーム機を変えるたびにケーブルの差し替えが必要になるので大変不便です。

 

なので、複数ゲーム機で遊ぶ予定のある方は、以下に紹介するHDMI切替器を買うか、最初から複数の入力端子があるディスプレイを買うと良いと思います。

 

パネルのタイプ

映像が表示されるパネル部分がどのようになっているか?という事は、ゲームの快適さに直結する重要ポイントです。

パネルのタイプで注目すべき点は、以下の2つです。

  • パネルの駆動方式
  • パネルの表面処理

 

パネルの駆動方式はディスプレイの色の見え方に影響します。

駆動方式は主に2種類で、TN方式IPS方式があり、おすすめはIPS方式です。

 

TN方式は安価ですが、少し角度を変えて見ると色が変わって見えたり、黒色が白っぽく見えてしまうので、ディスプレイの位置調整が難しくなります。

 

その点、IPS方式はTN方式より少し高価になりますが、ある程度見る角度が度変わっても色の変化が少なく、黒も白っぽくならないため、ディスプレイの設置が簡単で映像が見やすいです。

 

次にパネルの表面処理についてですが、これはディスプレイの反射に関係しています。

表面処理はグレア(光沢)とノングレア(非光沢)の2種類あり、ノングレアの方を選ぶと良いと思います。

 

グレアの場合、表面が光沢なのでツルツルしており、傷が付きやすくなります。

また、光を反射するので目が疲れやすく、ディスプレイに自分の姿や背景が映り込むため画面が見づらくなります。

 

その点、ノングレアは光の反射もなく、自分の姿や背景が映り込むことがないので、長時間プレイやディスプレイをよく触る事を考えると、ノングレアのディスプレイを選んだ方が無難と言えます。

 

おすすめのディスプレイ

以上の事を踏まえて、私が今回購入したディスプレイは以下の製品になります。

 

このディスプレイのスペックは、

  • 画面サイズ:11.6インチ
  • 解像度:1920×1080
  • リフレッシュレート:60Hz
  • 応答速度:10ms
  • 音声出力:内蔵スピーカー×2、イヤホンジャック×1
  • 映像入力端子:ミニHDMI×2
  • 駆動方式:IPS方式
  • 表面処理:ノングレア
  • 付属品:miniHDMI–HDMIケーブル(1.5m)×1本、USB Type-C–USBケーブル(1.5m)×1本、簡易スタンド×1個

と必要スペックを全て満たしており、さらに寝ながらゲームするのに便利な機能も付いています。

 

その便利な機能とは、以下の2つです。

  1. ディスプレイをリモコン操作可能
  2. 表示画面を上下反転させる事ができる

 

1つ目の便利機能は、ディスプレイの設定やバックライトの明るさ、スピーカー音量やミュートのON/OFF、画面の回転、映像入力の切替を付属のリモコンでワンタッチ操作できる機能です。

 

通常のモバイルディスプレイは本体に設定や音量調整ボタンが付いており、更にどのボタンが何であるかというマークがディスプレイ背面に描かれています。 

 

そのため、一々ディスプレイの背面を確認してボタンを押さなければならず、更にディスプレイに触れる事でせっかく調整した位置がズレるので不便です。

 

その点、このディスプレイはリモコン操作できるため、ディスプレイに触れる事なく操作できるので、寝ながらゲームに最適と言うわけです。

 

 

2つ目の便利機能は、画面表示を上下反転できる機能です。

これは何が良いかと言うと、ケーブル類を左右のどちら側からでも出せる点です。

 

このディスプレイは画面の左側に映像入力と電源差込口があるため、HDMIケーブルと電源ケーブルは左側から伸ばすことになるのですが、ベッドの配置や部屋の状況によっては右側にケーブルがあった方が良い場合があります。

 

私がまさにそうで、ベッドの右側にコンセントがあったため、右側からケーブルを出せたのはとても助かりました。

 

ただ、画面を反転してもスピーカーは一緒に反転されないので、ステレオやサラウンドにしていると音が左右逆で聞こえてしまう点は注意が必要です。

 

 

以上のように、寝ながらゲームに最適なディスプレイなので大変オススメです。

 

11.6インチなので、少し大きめかなと思いますが、このくらいのサイズなら日常用途でもPC等のサブモニタとして活躍できると思います。

 

アームスタンド

次は、アームスタンドについて説明していきます。

元々持っていない人以外、アームスタンドは必須のアイテムになります。

 

アームスタンドを選ぶ際に気をつけるポイントは3つです。

  • アームの種類
  • ディスプレイを挟み込む部分(ホルダー)の大きさ
  • アームを取り付ける部分(クランプ)の大きさ

 

アームの種類

これは、針金のようにクネクネ曲がるクネクネタイプか、真っ直ぐで関節部分で曲がるアームタイプか、という事です。

 

これは断然、アームタイプの方が良いです。

 

アームタイプの方が安定感があり、容易に折り畳めるので出し入れがしやすいです。

 

ホルダーの大きさ

当たり前ですが、ホルダーの部分が購入するディスプレイの大きさに対応していなければ取り付けられません。

 

ホルダーの最大長が、購入したディスプレイの縦の長さより大きくなっている事を確認してください。

 

また、意外と忘れがちなのがホルダー部分の厚みです。

 

上記で紹介しているディスプレイは、厚みが1センチ程度で殆どのホルダーに対応できますが、厚めのディスプレイを選んだ場合は注意が必要です。

 

必ず、ホルダー部分の厚みがディスプレイの厚みより大きい事を確認してください。

 

クランプの大きさ

これは、アームをどこに取り付けるかによります。

 

必ず、取り付ける部分の厚みが、クランプが挟み込める長さより小さい事を確認してください。

 

おすすめのアームスタンド

私が購入したスタンドは以下のスタンドですが、上記で書いた通り、設置場所に適したアームスタンドを選定してください。

 

このアームスタンドは、関節部分がしっかりしているため、任意の場所でピタッと安定してくれます。

そのため、ゲーム中にディスプレイが下がってきてしまう事もなく、大変おすすめです。

 

購入したものの他には、以下のようなクランプ開口が広く、関節部分が多くて可動域の高いアームも良いと思います。

 

ワイヤレスコントローラ

ワイヤレスコントローラは、無線でちゃんと接続できれば何でも構いません。

PS4とSwitchは、付属のワイヤレスコントローラをそのまま使えます。

 

ただ、Switchの場合はゲームによっては付属のコントローラだと遊びづらい事があります。(パラディンズ等のFPSとか)

 

そこで、個人的には以下のワイヤレスコントローラがおすすめです。

このコントローラ、安い割にはボタンが押しやすく、グリップ感も大変素晴らしい上にデザインもかっこいいので非常におすすめです。

 

また、スマホゲーではAndroidiOSに対応したワイヤレスコントローラが必要です。

 

以下のコントローラは、AndroidiOSの両対応で、アプリにより自由にボタン配置が組めるので対応ゲームが幅広く、オススメです。

 

HDMI切替器

ディスプレイの部分でも触れましたが、HDMI切替器があると複数のゲーム機を接続できるので便利です。

 

私は、以下の製品を使って、PS4、Switch、PC(またはFireTV Stick)の3台を繋げています。

 

新しく映像が出力された機器を認識して自動で切り替えてくれるので、大変便利です。

 

手動でもボタン1つで切り替える事ができるので、いつでも任意に画面の切り替えが行えます。

 

低価格ながら長年使っていても動作不良が無く、良い製品だと思います。

 

HDMI分配器

HDMI切替器は、複数のゲーム機の映像を1つのディスプレイに映せるものですが、HDMI分配器は1つの映像を複数のディスプレイに映せるものです。

 

これは、普段ゲームをTVや他のディスプレイでしている人には、大変便利だと思います。

 

私は、普段21型くらいのディスプレイでゲームをしているので、寝ながらゲームする際は、モバイルディスプレイにケーブルを繋ぎ直す必要がありました。

それを、スイッチ1つで切り替えてくれるのがHDMI分配器です。

 

HDMI分配器は、以下の製品が1,000円程度で買えるのでオススメです。

 

結束バンド(マジックテープ)

ありとあらゆるシーンで何かと便利な、マジックテープ式の結束バンドです。

100均などでも購入する事ができます。

 

マジックテープ式なので、何度でも再利用する事ができます。

私は、ディスプレイのケーブルを配線する際に使用しています。

 

具体的には、以下のようにケーブルをアームに括り付け、ブラブラしないように留めています。

f:id:ride_wa:20190920175756j:image

 

日常用途でも、ケーブルをまとめたりするのに大変便利ですので、ぜひ使ってみてください!

 

変換ケーブル、コネクタ

ディスプレイとゲーム機の位置や、どのようなケーブルで接続するかにより、別途変換ケーブルやコネクタが必要になります。

 

私の場合、ベッドとゲーム機の位置が離れていたため、ディスプレイに付属のケーブルでは長さが足りず、コネクタを購入する必要がありました。

 

どういう事かと言うと、ゲーム機から伸びるHDMIケーブルと、ディスプレイから伸びるHDMIケーブル同士を接続するためのコネクタが必要だった訳です。

 

そこで、以下のようなメス−メスのHDMIコネクタを購入して接続しました。

価格も安く、現在特に問題なく使えているのでオススメです。

HORIC HDMI中継アダプタ シルバー HDMIタイプAメス-HDMIタイプAメス HDMIF-HDMIF

HORIC HDMI中継アダプタ シルバー HDMIタイプAメス-HDMIタイプAメス HDMIF-HDMIF

 

 

寝ながらゲーム環境の作り方

それでは、上で紹介したものを使って、実際に環境を作っていきます。

やり方はとても簡単。

  1. アームスタンドを設置する
  2. ディスプレイをアームスタンドに取り付ける
  3. ディスプレイの電源ケーブルと映像ケーブル(HDMIなど)を接続する
  4. ゲーム機の電源を入れ、ワイヤレスコントローラを接続し、ディスプレイに映像が表示されるのを待つ
  5. ベッドに寝そべった状態でアームを調節し、ディスプレイの位置を決める
  6. ゲームをプレイ!

 

初回のセットアップは上記の通りですが、一度設置してしまえば、次に使う時はステップ4から始める事ができるので、とてもラクチンです。

 

複数のゲーム機を接続する場合

複数のゲーム機を接続する場合は、上記で書いたとおり、HDMI切替器を使います。

場合によっては、HDMIアダプタが必要になったり、HDMI分配器があると更に便利になります。

 

切替器があると、ゲーム機ごとに一々ケーブルを差し替える必要がなくなるので、とても便利ですよ!

 

HDMI切替器を使った接続方法は、以下のイメージの通りです。

オレンジ色の部分がHDMIケーブルになります。

f:id:ride_wa:20191124164243p:image

 

普段、TVや他の大型ディスプレイに映してゲームをしている方は、HDMIアダプタの代わりにHDMI分配器を使うと良いと思います。

分配器を使うと、スイッチ1つでTVに映すかモバイルディスプレイに映すか切り替えられるので便利です。

 

HDMIケーブルは、ゲーム機に付属している場合もありますが、足りない場合は以下のケーブルが安くてオススメです。

購入する場合は、皆様の環境に合わせた長さをお選びください。

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 1.8m (タイプAオス - タイプAオス)
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、夢の超グータラ空間を作るため、寝ながらゲームができる環境の作り方について紹介しました。

 

仕事やバイト、部活などで疲れている時でも、ベッドに寝たままゲームができるって素晴らしいですよね。

まさに、No Game, No Life

 

私自身も、この環境が快適すぎて、最近は座ってプレイするより寝ながらプレイする事の方が多くなってきた程です。笑

 

手にはコントローラだけ持てばいいし、ベッドに寝ているので本当に疲れません。

また、私の場合はメガネが要らないのも結構助かってます。

 

さらに、この環境作りに必要なもののうち、高いのはモバイルディスプレイだけなので、安価に作れる所も嬉しいですね。

 

それでは、皆さんも良いゲームライフをお過ごしください!

 

キルレが上がる!ゼンハイザーGSP300をレビュー!

今回は、高性能ゲーミングヘッドセットメーカーとして有名なゼンハイザーのヘッドセットGSP300をレビューしたいと思います。

 

ハードウェアチートと呼ばれるほど高性能なアンプであるAstroのMixAmpとの相性も抜群なので、是非試してみて下さい!

 

今回紹介するGSP300は、1万円弱の中堅の価格帯に位置するヘッドセットになります。

 

1万円付近はゲーミングヘッドセットの激戦区なので、どれを買うか散々迷いましたが、結果的にこのヘッドセットを選んで良かったと思っています。

 

少々お高めのヘッドセットになりますが、超高音質で人気の高いゼンハイザーのヘッドセットの中では安価な部類に入ります。

むしろ、1万円であのゼンハイザーのヘッドセットが買えるの?!と驚く人もいるのだとか。

 

値段に違わず素晴らしい音質で、確実にキルレ向上に貢献できる製品なので、性能の良いヘッドセットをお探しの方は是非参考にしてみて下さい!

 

さらに超高音質なGSP300のハイグレードモデルはこちら↓

 

GSP300の音質がググっと上がるMixAmpのレビュー記事はこちら↓ 

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

 

外観のデザイン

外箱のデザインは写真のような感じです。シンプルで良いですね!


f:id:ride_wa:20181222151051j:image

f:id:ride_wa:20181222151054j:image

 

中を開けると、左の写真のような形でヘッドセットが収まっています。

取り出すと右のような感じ。

f:id:ride_wa:20181222151121j:plain
f:id:ride_wa:20190415214040j:plain

 

青と黒を基調にしたデザインで、派手さが無くスタイリッシュでカッコいいです。

写真では分かりづらいですが、ハウジングの部分は黒に近い灰色になっていて、ヘッドバンドの黒色とのコントラストが美しいです。


f:id:ride_wa:20181222151149j:image

f:id:ride_wa:20181222151153j:image

左にマイク、右に音量調節用のダイヤルが付いています。

以下の項目で詳しく説明しますが、マイクや音量のコントローラがヘッドセットに内蔵されているので、スッキリしていて大変使いやすいです。

 

ヘッドバンドの上部は2つに別れていて、通気性も良い感じです。


f:id:ride_wa:20181222151319j:image

f:id:ride_wa:20181222151315j:image

また、バンドは伸縮させて自分の頭の大きさに合わせる事ができます。

側面にある複数の溝の幅で、長さを細かく調節する事ができます。

 

コントローラと接続端子

音量・マイクのコントロール

上でも書きましたが、音量の調節はヘッドセットの右側にあるダイヤルで行います。

 

ゲームをしながら音量調節がサッとできるので、とても便利です。

また、ダイヤルが頭に近い部分にあるので、誤操作しづらい点も嬉しいポイントです。

 

マイク部分は、真ん中の黒くなっている箇所でグニャグニャ曲げることができます。

さらに、マイクのオン/オフはマイクの上げ下げで切り替えることが出来ます。

 

マイクを下げると自動的にマイクがオンになり、上げるとオフになります。

こちらも、ゲーム中にサッとマイクを切り替えられる上に、誤操作も防止できて大変便利です。


f:id:ride_wa:20181222151248j:image

f:id:ride_wa:20181222151242j:image

左の写真くらいの位置でオンオフが切り替わります。

一番下まで下げると右の写真の位置になります。

 

外部接続端子

ヘッドセット本体から伸びているコードは左の写真のようにヘッドホンとマイクの2つの端子が出ています。

右の写真のように3極→4極への変換コネクタも付属しています。


f:id:ride_wa:20181222151349j:image

f:id:ride_wa:20181222151343j:image

 

また、ヘッドセットから伸びるケーブルは布製ではなくゴム製なので、耐久性の面で少し不安があります。

 

装着感・防音性能

装着感は、軽量で過度な締め付けもなく、長時間プレイも全く問題ないです。

メガネとの干渉も一切なく、装着感は大変快適です。

 

ヘッドバンドの部分は、2つに別れた青いクッションが取り付けられています。

イヤーパッド超絶フッカフカで感触が良い上に、右の写真のようにパッドが耳に近い形なので、自然に耳を包み込んでくれます。


f:id:ride_wa:20181222151217j:image

f:id:ride_wa:20181222151222j:image

 

一方、防音性能はかなり高めで、他の人に大声で呼ばれてやっと気付くぐらいです。

生活音は殆ど聞こえなくなるため、ゲームの音にだけ集中できるのはありがたいですね。

 

気になる音質は?

さすが1万円代ともなると、数千円のヘッドセットとは一線を画している感じがあります。

 

音質はフラットな感じで、敵の足音から武器を持ち替える時の音まで、とても明瞭に色んな音を聞けます。

 

ヘッドセットは、基本的に価格が高いほど性能が良くなりますが、個人的にはこのくらいの性能があれば十分にキルレを上げられると思います。

 

このヘッドセットだけでも十分に性能は良いのですが、MixAmpを使うと更に秘められたポテンシャルを引き出せるのです!

 

MixAmp Proとの相性

上記でも書いたとおり、MixAmpとの相性はバッチリです。

音質がフラットなので、MixAmpで設定した味付けを素直に表現してくれます。

 

さらに、MixAmpと組み合わせる事で音質を飛躍的に向上させる事ができます。

 

前回レビューした数千円のLB-902がMixAmpによって2倍良くなったとすると、GSP300は音質が10倍くらい良くなるというイメージです。

 

つまり、どちらも音質が向上するのですが、音質の上がり幅が段違いという事です。

 

左右だけでなく上下もはっきりと定位が分かり、360°どの方向でも死角なしといった感じです。

 

正直言って、GSP300+MixAmpを知ってしまうと、数千円のヘッドセットでは到底満足できないほどです。

 

もし、FPSで強くなりたい!という強い思いがあるなら、多少値は張りますがMixAmpとGSP300を最初に買うことをオススメします。

 

MixAmpについてのレビューはこちら↓

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

マイクの性能は?

友人にボイスチャットで聞いてもらったところ、全く問題なくクリアに聞こえているようです。

 

自分で録音して聞いたりはしていないので、今度機会があれば確認してみたいと思います。

 

その他のゲーミングヘッドセットの紹介

ここでは、今回購入しなかったものの、購入候補に上がっていたオススメのゲーミングヘッドセットを紹介します。

 

どれもGSP300と同じ1万円程度の価格帯の製品で、音質も負けず劣らず良い製品ばかりなので、是非チェックしてみて下さい!

 

SteelSeries Arctice 5

普通のヘッドセットとして通勤通学でも使えそうなくらい、デザインがとてもシンプルでスッキリしています。

 

マイクが引き出し式で、使わない時はしまっておけるのが嬉しいですね。

 

さらに、PCがあればある程度聞こえる音の調整ができるようです。

ゲーミングアンプを持っていない人には嬉しい機能だと思います。

 

さらに、同社のゲーミングアンプを組み合わせる事で、音質をさらに向上させる事ができます。

↓Arctice 5の上位互換機種とのセットになったバージョンはこちら

 

定位感では、Arctice ProとGameDACが最強と言う人もいるくらいで、正直これとGSP300とどちらにするか結構迷いました。

 

結果的に、デザインの好みでGSP300にしましたが、こちらも大変オススメです。

 

Razer Kraken

ゲーミングデバイスのメーカーで有名なRazer社のゲーミングヘッドセットです。

 

流石ゲーミングデバイス特化な会社だけあって、ヘッドセットのクオリティも高く、レビューも高評価です。

 

カラーバリエーションが豊富で、黒、緑、白、ピンクの4種類あるので、好みの色で選べます。

 

キングストン HyperX Cloud

ゲーミングヘッドセットの中でも、最も有名なHyperX Cloudシリーズです。

 

プロでも使用している人が多いロングセラー製品となっています。

 

また、こちらはヘッドセット単体でサラウンドが実現できるバージョンになります。

PS4などのPC以外のゲーム機でバーチャルサラウンドが体験できる、数少ないヘッドセットの1つです。

 

オーディオテクニカ ATH-M40x

こちらは、ヘッドホンメーカーで有名なオーディオテクニカのモニターヘッドホンになります。

 

ゲーミングヘッドセットではないのですが、音質が良くフラットで、ゲーミングアンプと組み合わせると飛躍的に性能が向上するので、紹介しました。

 

マイクも付いてませんし、アンプ前提となりますが、デザインもカッコ良いので、いつか購入する予定です。

audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M40x

audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M40x

 

おすすめゲーミングアンプはこちら

 

総評

  • 価格:★★☆☆☆
  • デザイン:★★★★★
  • 装着感:★★★★★
  • 防音性能:★★★★★
  • 定位感:★★★★☆
  • 高音:★★★★☆
  • 低音:★★★★☆
  • マイク音質:★★★★☆

単体でも死角なしの高い性能を持っているのですが、個人的には是非MixAmpと組み合わせて使って欲しい!という所です。

 

初めて組み合わせて聞いた時、あまりの明瞭さに思わず感動してしまいました・・・

MixAmpを組み合わせる事で、★の数が全体的に2つくらいアップするイメージです。

 

また、このヘッドセットは良い意味でゲームに特化している作りになっているなと思います。

FPSをしながらでも音量調節やマイクの切り替えが素早く行えますし、非常に高い防音性能でゲーム内の微かな音にも難なく集中できます。

 

購入にあたり、他の1万円台のヘッドセットもレビューを見たり色々調べましたが、総合力ではGSP300が一番かなと思っています。

実際に使ってみると、お値段以上の価値があり、良い買い物ができたと満足しています。

 

ヘッドセットに1万円もかけるの!?という人が多いかもしれませんが、FPSはハマっていくと段々上手くなりたいとかキルしたいという欲求が強くなっていくのですよ・・・(笑)

 

そうなった時、安価なヘッドセットを購入しても、段々と良いものが欲しくなってきてしまうものです。

それなら、価格が高くても最初から良いものを購入した方が、結果的に安く済むのでオススメですよ!

 

みなさんも、1万円台のヘッドセットでどれを買うかお悩みの時は、是非GSP300を手に取って見て下さい!

 

さらにグレードアップしたい方は、こちらの上位互換製品がオススメです。

デザインが死ぬほどカッコいいので、私もいつか買ったらレビューします。

 

いやいや、やはり安価なヘッドセットで試したい!という方は、こちらの記事を参考にどうぞ↓

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

余談

実はこのヘッドセット、ゲーミングヘッドセットにしてはサイズが小さめでコンパクトです。

 

手持ちのLB-902と並べてみても、大きさの違いが分かると思います。

f:id:ride_wa:20181222151406j:image

 

ヘッドセットのサイズは小さめですが、比較的頭の大きい自分でも特に締め付けがキツイな…という事もなく、大変快適でした。 

 

アマゾンで売っているような数千円のヘッドセットは、比較的大きめに作られているので、GSP300は特に女性ユーザはブカブカせず丁度いいのではないかと思います!

 

キルレが上がる!高性能アンプAstro MixAmp Pro TRをレビュー!

今回は、ハードウェアチートと呼ばれるほど高性能なアンプである、AstroのMixAmpをご紹介したいと思います。

 

FPS世界大会でも使われており、多くのFPSプロ選手も愛用している製品なので、強くなりたい方は必見です!

 

FPSにおいて、「音」は「耳エイム」なんて言葉があるくらい大変重要なものです。

 

この製品は、その「敵の足音」など、キルを取るために必要な音をクリアに聞かせてくれる装置です。

 

そのため、敵の位置が精度よく把握でき、必然的にキルが取りやすくなるのです!

 

 

また、実はアンプを使うとヘッドセット自体の性能も大幅に向上します。

 

そのため、どのヘッドセットを使うかよりも先に、アンプの購入を検討すべきです。

 

価格も当時は1.5万程度とそこそこしたので、私もずっと手を出せずにいましたが・・・

 

いざ手に取ってみると「素晴らしい」の一言。

 

もっと早く手に入れておけば良かった!と後悔した程です。(笑)

 

 

さらに、手持ちのヘッドセットを性能アップ+サラウンド化までしてくれるので、リアルな大迫力サウンドでゲームを楽しめるのです。

 

そのため、FPS以外のゲームや映画鑑賞などにも活用でき、まさに一石二鳥!

 

 

FPS手っ取り早くキルレを上げたい!という方や、手持ちのヘッドセットをサラウンド化したい!という方には持ってこいの製品です。

 

しかも最近、新型が出たため旧型が安くなっているので、是非チェックしてみて下さい!

↓こちらは、MixAmpのために作られたヘッドセットがセットになっています。

 

↓こちらは、最近発売された新型になります。

前の機種と同じくロジクールが販売元になっていて、Amazonレビューも高評価が多く期待できると思います!

 

私が使っているMixAmpと好相性で安価なゲーミングヘッドセットはこちら↓

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

FPSに最適で安価なゲーミングモニタはこちら↓

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

 

そもそもアンプって?

MixAmpをご存知の方は読み飛ばして頂くとして、そもそもこのアンプは「何をするためのものなのか?」という事について説明したいと思います。

 

アンプ(Amp)と言えば増幅器の事ですよね。

つまり「音」「増幅」してくれる訳です。

 

ミックス(Mix)と言えば「混ぜる」事ですよね。色んな音をただ混ぜるだけでなく、音ごとの音量や音色、定位を調整して混ぜます。

 

つまり「音」を「いい感じに調整」してくれる訳です。

 

 

要するにMixAmpは、音を増幅して良い感じに調整し、聞きやすくしてくれる装置という事です。

 

FPSで言うなら、「敵の足音」を「増幅」して「聞こえやすくしてくれる」装置というイメージです。

 

MixAmpのメリット

私が思うMixAmpのおすすめポイントは以下のとおりです。

  • 手持ちのヘッドセットの音質が良くなる!
  • 手持ちのヘッドセットを簡単にサラウンド化できる!
  • 強調したい周波数を自由に設定できる!
  • 最大4つまでイコライザ設定をボタン切り替え可能!
  • ゲーム音とマイク音声の音量を別々に調整できる!

 

このMixAmpの優れている点は、自分が持っているヘッドセットをそのまま使える*1という点です。

 

自分が普段使っているヘッドホンやヘッドセットをMixAmpに接続するだけで、音質をアップさせたりサラウンド化できてしまうのだから驚きです。

 

 

実際に、手持ちの数千円の安いヘッドセット1万程度のヘッドセットで試してみたところ、どちらもハッキリ分かるくらい音質が向上していました。

 

手持ちのヘッドセットの音質向上&サラウンド化により臨場感のある大迫力サウンドを楽しめるので、FPSに限らず普通のゲームをプレイする時や、音楽鑑賞、映画鑑賞など幅広い用途で効果を発揮してくれます。 

 

 

また、特にFPSでの使用という点では、上記でも書いたとおり、

  • 敵の足音等が良く聞こえるようになり、定位感が格段に上がる
  • ボイスチャットを使ってチームプレイがしやすい

という大きく2つの効果が期待できます。

 

定位感が格段に上がる!

FPSにおいて、「音」の重要性は言わずもがなですね。

 

音は「敵の位置」を探るための重要な情報源です。

 

相手の位置をあらかじめ把握できていれば、こちらが先制して攻撃できますし、こっそり相手の背後を取る…なんて事もできるため、キル確率も格段に高まるのです。

 

要するに、音が良く聞こえる=敵の位置が分かる=キルが取りやすくなるという事ですね。

 

 

では、FPSにおいて「音が良く聞こえる」とは、どういう意味なのでしょうか?

 

それは、必要な音(足音など)が強調されており、かつ音がした方向が高い精度で分かる事です。

 

テレビやモニタのスピーカーからでも音は聞けますが、どの方向から音がしたか分かりづらいですよね。

 

また、普通のゲーミングヘッドセットだと強調される周波数が固定なので、ゲームによっては足音が聞こえづらい場合があります。

 

 

周波数は、音の種類の事だと思って下さい。

低い周波数だと低い音、高い周波数だと高い音になります。

 

FPSで言うと、低い周波数が足音高い周波数がリロード音という感じです。

 

 

MixAmpは、増幅または減衰させたい周波数を自由に決めて設定できるため、必要な音だけをハッキリと聞けるのです。

 

例えば、足音の音量を大きくして、それ以外の音は小さくする・・・という感じに、音の種類ごとに細かく音量調節ができるイメージですね。

 

さらに、MixAmpを通す事でバーチャルサラウンド化できるため、音がした方向がより高い精度で把握可能なのです。

 

バーチャルサラウンドとは?

普通のヘッドセットは左右の2つのスピーカーからしか音が出ないため、音が鳴った方角は左右の2パターンしか分かりません。

 

そこで、例えばあなたの周りに5つスピーカーを置いてみるとどうでしょうか?

左右2つのスピーカーから音を聞くよりも、どの方角から音がしたのかがハッキリ分かると思います。

 

サラウンドとは、このように複数のスピーカーを置く事で、音の方角をより鮮明にできる方式の事を言います。

しかしながら、実際問題スピーカーをヘッドセットに複数付けるのはコストもハードルも高くなります。

 

そこで、音の強弱や遅延をソフトウェアで制御し、2つしかないスピーカーをあたかも複数あるかのように錯覚させるのがバーチャルサラウンドになります。

 

バーチャルサラウンドの効果は?

私も実際使ってみて驚きましたが、バーチャルサラウンドにすると世界が変わります。

FPS以外のゲームをやるにしても没入感が段違いでした。

本当に、あたかも自分がそこに居るかのような感覚が得られます。

 

ただ、サラウンドは脳に錯覚させるため、効き具合は個人差があるようです。

しかしながら、サラウンド機能を使わなかったとしても定位感は抜群に良くなるのでご心配なく!

 

上記でも書いたとおり、サラウンドは音の遅延を使うので、通常よりも多少音が遅れて聞こえる場合があります。

そのため、FPSではプロ選手等はむしろサラウンド機能を切っている方も多いようです。

 

FPSでは音が聞こえる方向がより鮮明に、それ以外のゲームでも高い没入感が得られるため、個人的にはバーチャルサラウンドは是非とも体験していただきたいです!

 

PS4で使えるサラウンドヘッドホンは少ない!?

バーチャルサラウンドはとても素晴らしい機能なのですが、実はPS4でバーチャルサラウンドに対応しているヘッドセットはとても少ないのです。

 

と言うのも、殆どの安いゲーミングヘッドセットの謳い文句にある「バーチャルサラウンド対応」は、PCで使用する時だけしか機能しないのです。

 

PS4のバーチャルサラウンドに対応しているヘッドセットは、例えば以下のような製品があります。

現状発売されているサラウンドヘッドセットは、どれも1万を超えていたり、種類が少なく気に入ったデザインでは無いなど難点がありました。

 

そこで、好きなヘッドセットを手軽にバーチャルサラウンド化できるMixAmpの出番!という訳です。

私の場合も、自分のお気に入りのヘッドセットをサラウンド化したかったため、上記のようなヘッドセットではなくMixAmpを購入しました。

 

ボイスチャットがしやすい!

FPSをやる上で、フレンドとボイスチャット(VC)をしながらプレイしている方も多いのではないでしょうか?

VCで問題になるのは、ゲーム音とボイスチャット音声のバランス調節だと思います。

 

バランス調節は、通常PS4の「パーティー」メニューから行うため、調節するには毎回PS4のメニュー画面に戻って設定し直す必要があります。

 

しかし、MixAmpでは本体にゲーム音とボイスチャット音声のバランス調節ダイヤルが付いているので、「ちょっと聞き取りづらいな・・・」と言った時にすぐ調節する事ができるのです。

 

これが想像以上に便利です。

一緒に遊ぶフレンドによりマイクの音量が違うので、いちいち「パーティー」メニューを開いて「パーティー設定」から音量調節を行うため、かなり面倒でした。

これをダイヤル1つでサクッと調節できるのですから、今ではストレスフリーです!

 

イコライザ設定の切り替えが楽!

便利な点はまだあります。

上記で「周波数ごとに音量を設定できる」と書きましたが、この設定(イコライザ設定)を本体のボタンに複数登録できるのです。

 

これの何が便利かと言うと、遊ぶゲームによっていちいち設定を入れ直さなくて良くなるのです。

イコライザの設定は、通常PCで専用ソフトを使い変更するので、この手間を省けるのはかなり便利です。

 

例えば、「FPSもやるけど、普通のゲームもやるし、映画も見る」という場合を考えてみます。

FPSの場合、「低音と高音を強調し、それ以外は下げる」といった極端なイコライザ設定を行う事が多いため、普通のゲームや映画鑑賞に向かない事が殆どだと思います。

 

そんな時、MixAmpではFPS用、一般ゲーム用、映画用、といった形でイコライザ設定を用途別に作成し、最大4つまで本体に登録しておけるのです。

さらに、4つの設定の切り替えはアンプ本体のボタンでワンタッチ変更できるので、素早く簡単に切り替えできます。

 

アンプを購入する上で下記のような類似製品もあったのですが、ワンタッチで複数のイコライザ設定を切り替えられるMixAmpを選びました。

 

左のSteelSeriesのGameDACは、本体のみでイコライザ設定が行えるので、PCが不要です。

また、こちらは同社のヘッドセットであるArcticeシリーズと相性が良いので、一緒に購入すると良いと思います。

↓アンプに最適なヘッドセットとセットになったバージョンはこちら

 

右のSound BlasterXは、他のアンプと異なりボイスチェンジャー機能があるのが特徴です。

また、マイク音質も良いみたいなので、実況者向けと言った感じでしょうか。

Creative Sound BlasterX G6 高音質 ポータブル ハイレゾ対応 ゲーミング USB DAC PC PS4 Switch SBX-G6

Creative Sound BlasterX G6 高音質 ポータブル ハイレゾ対応 ゲーミング USB DAC PC PS4 Switch SBX-G6

 

 

MixAmpと相性の良いヘッドセット

上でも紹介していますが、実はA40という同社のゲーミングヘッドセットとセットになったものも発売しています。

 

A40はMixAmp専用に調整して作られているため、MixAmpとの相性は言うまでもありません。

しかし、私の場合はデザインが個人的に気に入らなかったので、MixAmp単品を購入しました。

 

ちなみに、セットで購入した方が単品で購入するよりお得なので、特にこだわりが無い方はセットを購入すると良いと思います。

 

私のようにヘッドセットは自分で選びたい!という方は、音質がフラットなヘッドセットがおすすめです。

 

と言うのも、イコライザ設定により自分で鳴らしたい音を自由に味付けするので、ヘッドセット自体はできる限り味付けのないフラットな方が向いているのです。

 

実際、手持ちの2〜3,000円くらいのヘッドセットで試してみましたが、低音(または高音)の強調が元々強いものよりは、まんべんなくどの音も一定の音量設定になっているヘッドセットの方が聞きやすかったです。

 

そのため、以下のようなモニターヘッドホンや比較的フラットなゲーミングヘッドセットを使うのが良いと思います。

 

モニターヘッドホンだと、左のオーディオテクニカ製品が良いらしいです。デザインもカッコいいので、いつか入手したいと思います。

 

また、ゲーミングヘッドセットだと、右のゼンハイザー(GSP300)や安価なところではソウルビート(LB-902)を試してみましたが、相性は良い感じです。

 

特に、GSP300との相性は抜群で、高価なヘッドセットほどMixAmpの恩恵を受けやすい傾向にあるかなぁと思います。

 

GSP300のレビュー記事でMixAmpとの相性も書いていますので、参考にどうぞ↓

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

もっと上を目指したい!という方には、少し値が張りますがネットでは最強の組み合わせと名高いゼンハイザーのGAME ZEROやGSP600が良いと思います。

 

特にGSP600はデザインも大変カッコいいので、個人的にも手に入れたいと思っています。

 

気になる点

ここまでベタ褒めのMixAmpですが、やはり気になる点もあります。

 

まず1つ目が、「配線が増える」という点です。

アンプ本体からゲーム音用の光ケーブルとマイク音声用のUSBケーブルの2本のケーブルをPS4に挿すので、人によっては邪魔になったり、PS4のUSBポートが足りなくなったりすると思います。

 

2つ目が、PS4の電源を入れるたびにUSBを挿し直す必要がある」点です。

これはもしかすると私のPS4やMixAmpだけ起こる症状かもしれませんが;;

PS4の電源が落ちた状態で電源を入れると、何故かMixAmpを上手く認識してくれず音が聞こえません。

 

アンプからPS4に接続しているUSBを抜いて挿し直すと何故かちゃんと認識してくれるのですが、起動するたびにこれをやるのは中々面倒です。

PS4の電源を落とさずスタンバイモードにしていれば良いのですが、自分は電源をちゃんと落としたい派なので、この点だけが唯一の不満です・・・

 

しかし、気になる点よりも上記で述べたメリットの方がはるかに上回るので、全体としては非常に満足しています。

 

まとめ

個人的には非っ常にオススメです。

手持ちの数千円の安価なヘッドセットを1万超えのヘッドセット並みの音質へ大変身+サラウンド化できてしまう素晴らしい製品です。

 

キルレで言うと0.5〜1.0は上がった気がします。

もちろん個人差はあるでしょうし、単に自分が回数重ねて上手くなっただけかもしれませんが、「音」によって索敵できたと感じる回数は確実に多くなりました。

 

特に、スポットが無くなって音での索敵がより重要になったバトルフィールド5で大活躍しています。

是非、みなさんもMixAmpを使ってガンガンキルを取って下さい!

↓上記の最新機種はこちら 

 

*1:USBで接続するタイプは使えません。

コスパ最強!?1万強で買えるFPS向けゲーミングモニタ!

今回は、FPS向けのゲーミングモニタの紹介という事で、ASUSの「VP228HE」をレビューして行きたいと思います。

 

1年半くらい使っていたLGの21.5型IPSモニタが故障してしまったので、急遽新しいモニタを購入しようと思った際にこちらのモニタを選んだ次第です。

 

1万程度で購入でき、かつFPSに適した性能を持っているという事で、非常にコスパの良い製品だと思います! 

 

その他、FPSに最適なゲーミングアンプはこちら↓ 

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

FPSに最適なヘッドセットはこちら↓

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

 

なぜFPS向けなのか?

このモニタがFPS向けとされるのは、画面の応答速度が1msと高速なためです。

 

応答速度とは、ディスプレイのドット1つ1つに表示される色が切り替わる速さの事です。

 

応答速度が速いと色が素早く切り替わるため、残像が少なくなるというメリットがあります。

そのため、FPSにおいては応答速度が最も重要なパラメータとなっているのです。

 

視界が目まぐるしく変わるFPSでは、敵を如何に早く正確に捉えるかが重要になっててきますよね。

 

応答速度が速いモニタの方がよりハッキリと敵が見えるので、遠くにいる敵も狙いやすくなる訳です。

 

 

応答速度の他には、フレームレートリフレッシュレートがあります。

 

どちらも、1秒間に何回映像表示を切り替えられるかを表す指標ですが、それがゲーム機側の性能の場合はフレームレート、ディスプレイ側の場合はリフレッシュレートと呼びます。

 

この数値が高いほど、より滑らかに映像を映し出せるので敵の動きを正確に捉える事ができるようになります。

 

 

では、ゲーミングディスプレイに求められる最低限のスペックは?と言うと、PS4の場合は以下の通りです。

  • 応答速度:16m/s以下
  • リフレッシュレート:60Hz以上

 

応答速度もリフレッシュレートも、ゲーム機側が出せるフレームレートに依存します。

 

PS4の場合、フレームレートは60fpsまでしか出ないため、最低限必要となる応答速度は16ms以下リフレッシュレートは60Hz以上となります。

 

その点、このゲーミングモニタはリフレッシュレート60Hz以上で、応答速度は1msなので十分必要なスペックを満たしていると言えます。

 

外観のデザイン

まずは箱から。こんな感じの箱に入れられて送られてきました。

家のスペースの関係から、今回は21.5型を購入しました。

f:id:ride_wa:20181216140010j:plain

 

開封してモニタを組み立てるとこんな感じです。

アームの部分と台座の部分がネジでしっかり固定できるため、グラつきも無く安定性はバッチリです。

f:id:ride_wa:20181216140013j:plain

 

背面はこんな感じで電源、HDMI、ライン入力端子が付いてます。

f:id:ride_wa:20181216141333p:plain

また、音声はライン「入力」端子なので、音声はモニタに内蔵されているスピーカーからのみ出力されるようです。

 

試しに、持っている外付けスピーカーを端子に接続してみましたが、音は出なかったので、外付けスピーカーを使いたい方は注意が必要です。

 

ちなみに、スピーカの音質は可もなく不可もなくと言った感じです。

 

気になる画質は?

実際に電源を入れて、CoD: BO4のゲーム画面を映してみました。

 

写真だと分かりづらいですが、かなり綺麗に発色しています。

前に使っていたIPS方式のモニタよりも綺麗なのでは?と思うほどでした。

f:id:ride_wa:20181216140006j:plain

 

しかし、画面が切り替わったところで少し問題点が・・・

 

写真を見ても、黒色の部分がかなり白っぽく見えている事が分かります。

前に使っていたIPSモニタは白くなる事はなかったので、気になりますね。

f:id:ride_wa:20181216140002j:plain

 

また、液晶パネルの駆動方式がTN方式なので、少し角度を変えて見ると、色の濃い部分が白く見えてしまいます。

 

昔使っていたIPS方式のモニタは、多少角度を変えても正面から見たときと同じ見え方だったので、ここは少し不便かなと思います。

 

何が不便かと言うと、寝っ転がりながら映画などを見たい時に、画面がよく見えないんですね。

 

最後に、これはどんなモニタにもあり得る事なのですが、1つだけドット抜けがありました。

f:id:ride_wa:20181216141340j:plain

1つだけとは言え、赤く光ってしまうので結構気になります。

たまたまドット抜けがあっただけでしょうが、ちょっと残念でした。

 

その他のおすすめゲーミングモニタ

ここでは、1万円程度で購入できる他のおすすめなゲーミングモニタを紹介します。

いずれのモニタも、リフレッシュレート60Hz以上応答速度も10ms以下FPS向きの性能になっています。

 

IPS方式のゲーミングモニタになります。

IPS方式なので、角度を変えても色が変わりづらく、見やすいモニタになっています。

応答速度も5msなので、FPSでも十分使える性能だと思います。

 

今回紹介したディスプレイと同じく、TN方式のゲーミングモニタになります。

こちらも応答速度が1msと高速で、FPS向けの性能と言えます。

 

まとめ 

メリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

<メリット>

  • 1万円強と安価
  • 応答速度が1msとFPS等のゲームに向いている
  • スピーカ内蔵なので、外付けスピーカを買う必要がない
  • 色の発色がとても綺麗
  • 多機能(ブルーライトカット、FPS用ターゲット表示など)

<デメリット>

  • 見る角度によって色の見え方が異なる
  • 黒色が白っぽく見えてしまう
  • 外付けスピーカが付けられない

 

デメリットもあると言えばあるのですが、ゲーミング用としては全く問題ないですね。

ゲームをする場合は正面からしか画面を見ませんし、音もスピーカからではなくヘッドセットで聴きますから・・・

 

逆に、映画鑑賞や動画をメインで見る方は、外付けスピーカでの音声出力ができるIPS方式のモニタがおすすめです。

 

また、ブルーライトカット機能やその他色々な機能が付いているのですが、自分は使っていないので割愛しました。

興味のある方はAmazonの商品ページなどを参照してください。

 

唯一の欠点といえば、黒色が白っぽく見えてしまう問題です。

なぜなら、FPSで暗い場所で潜んでいたりする際に、周囲がよく見えないので敵を見逃してしまったりします。

 

しかし、モニタ側の設定をいじくる事で解消できたので、その方法をご紹介します。

 

黒が白っぽく見えてしまう対策

この白っぽく見えてしまう問題は結構クセモノで、暗いシーンになると映像がかなり見づらいので、ゲームでも映画鑑賞などでも結構気になってしまいます。

 

そこで、私はモニタの設定を以下のように変更することで、この白っぽく見える現象の対策をしています。

 

モニタに搭載のボタンを押して、「メニュー」→「Splendid」から「ゲームモード」を選択します。

次に、「色」→「明るさ」を60コントラスト」を80にします。

明るさとコントラストの値は、ご自身の好みで変更してください。

 

これだけで、だいぶ見え方が改善されると思います。

もし、白っぽく見える問題に悩まされている方がいらっしゃれば、是非試してみてください!!

 

 

高評価ゲーミングヘッドセットLB-902を使ってみた!

今回は、低価格帯ながら高評価のゲーミングヘッドセットであるSOULBEATの「LB-902」をレビューして行きたいと思います。

Amazonでは★4の高評価を受けている上にデザインも抜群にカッコいい、個人的にオススメのヘッドセットです。

 

外観のデザイン

こんな感じの箱で届きました。マットな黒に、赤とシルバーのデザインが光る本体の画像がプリントされています。

箱の時点で既に十分なカッコよさを放っていますね・・・

f:id:ride_wa:20181208180346j:plain
f:id:ride_wa:20181216162639p:plain


本体は下の画像のように、黒とシルバーを基調とし、ポイントで赤が入るスタイリッシュな配色になっています。

f:id:ride_wa:20181208180337j:plain
f:id:ride_wa:20181208180244j:plain

 

左の写真のように、ハウジングの部分は光沢のあるメタリックな質感になっています。ヘッドバンドの上部には、右の写真のように「SOULBEAT」の刻印があります。

ヘッドバンドは自動伸縮するため、装着するだけで頭のサイズにピッタリ合ってくれます。

f:id:ride_wa:20181216134516j:plain
f:id:ride_wa:20181208180408j:plain

 

フックに引っ掛けて保管できる!

このようなワイヤータイプのヘッドセットは、左の写真のようにフックに引っ掛けて保管しておけるのでとても助かります。

右の写真のように、吸盤フックを2個テーブルの下にくっつけるだけでヘッドセットハンガーになるのでオススメです。

f:id:ride_wa:20181214231726p:plain
f:id:ride_wa:20181216135832p:plain

 

ちなみに、使用している吸盤フックは下記の製品です。2個入りで300円程度なので安く、吸着力も高いのでオススメです。(耐荷重1kg)

 

外部コントローラと接続端子

左の写真のように、外部コントローラは細身ながら、「ボリューム調節」「マイクのON/OFF切り替え」が行えます。

接続端子は4極ステレオミニプラグのみとなっています。本体を光らせる為だけのUSBは邪魔だと思っていたので、プラグだけなのは嬉しいですね。

また、右の写真のような4極→3極(マイク/ヘッドホン)の変換ケーブルも付属しています。

f:id:ride_wa:20181208180353j:plain
f:id:ride_wa:20181208180315j:plain

 

コードの部分は編み込みになっているので、柔軟で断線リスクも少なく耐久性に問題はなさそうです。

 

装着感・防音性能

装着感は、本体も軽量で左右の側圧も強くなく、長時間プレイしていても問題ありませんでした。

メガネとの干渉もなく、まるで何も付けていないような感じで装着感はとても快適です。

 

左の写真のように、ヘッドバンドの部分が赤色の薄いクッションになっているため、頭への負担を軽減してくれます。

また、右の写真のようにイヤーパッド無数の穴が空いた通気性の良いタイプで、ムレにくい構造になっています。

f:id:ride_wa:20181208180252j:plain
f:id:ride_wa:20181208180257j:plain

 

防音性能はそこまで高くなく、聞こえすぎず聞こえなさすぎずといった感じです。

 

気になる音質は?

やや高音よりのフラットな音質だと思います。低音も高音もバランス良く聞こえますが、どちらかと言うと「シャリ」寄りかなといった感じです。

 

FPSでは足音などもよく聞こえますし、定位も45度くらいの分解能で掴める感じですね。

高音が強調されているおかげで、銃を構えるときの「カチャッ」という音も良く聞こえます。

 

やや高音寄りとはいえフラットに近い音質なので、ゲームはもちろん映画や音楽鑑賞などの用途でも特に問題ないかと思います。

 

マイクの性能は?

マイクは、まだ使用した事がないので、使用してみたら追記しようと思います。

 

総評

  • 価格:★★★★☆
  • デザイン:★★★★★
  • 装着感:★★★★★
  • 防音性能:★★★☆☆
  • 定位感:★★★☆☆
  • 高音:★★★★★
  • 低音:★★★★☆
  • マイク音質:不明

 

個人的に一番気に入っているのは、何と言ってもそのデザインのカッコよさです。色の組み合わせも外観デザインもどストライクです。

これよりカッコいいゲーミングヘッドセットは、ゼンハイザーのGSP600ぐらいだと思ってます。

 

前回レビューした「BUTFULAKE」と比べると銃声や爆発音などの迫力は劣りますが、高音もしっかり強調されているので聞き取れる音の種類は多いかな、という感じです。

防音性能や定位感はどちらも同じような感じですね。装着感は、LB-902の方が良いと思います。

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

価格もそこまで高くないので、デザインが気に入った方は是非入手してみてください!

 

番外編:Astro MixAmp Pro TRと組み合わせて使ってみた

PS4で使うなら定番のアンプであるAstroのMixAmpと組み合わせて使ってみました。

 

感想は…素晴らしかったです。

元々がフラットに近いお陰か、MixAmpと組み合わせるとイコライザの設定がいい感じに効いてくれます。

BUTFULAKEもMixAmpで聴いてみましたが、やはりLB-902の方がアンプとの相性は良い感じですね。

 

余談ですが、MixAmpはこのような低価格帯のヘッドセットでもある程度のレベルまで音質を引き上げてくれるのと、バーチャルサラウンド化もしてくれるので素晴らしいですね。

もっと早くに購入すれば良かったと後悔するほどです…

後ほど、MixAmpの詳しいレビューを書こうと思います!