黒木ノ水岩

黒木ノ水岩

自分の経験や実体験を元に、商品紹介や様々なHowTo等を紹介していきます。尚、当ブログの利用や掲載内容等により生じた損害等の責任は一切負いかねますので、ご了承下さい。

【ビートダウン】英雄たちの出航 デッキ

軍団を操り、多くの英雄たちを育て上げろ!

 

赤白って日本では縁起の良い色ですよね。だからと言うわけではありませんが、自分は結構好きな色の取り合わせだったりします。 

かなり安価で作れる割には強くて使いやすいため、初心者にオススメのデッキです。

 

デッキの基本データ

「英雄たちの出航」デッキ
フォーマット モダン
アーキタイプ ビートダウン
使用色 赤/白
平均マナコスト 1.4
エキスパンション テーロス

 

デッキコンセプト

「テーロス」ブロックで登場した「英雄的」の能力を使い、クリーチャーを強化・展開して殴るデッキです。

 

英雄的の能力を持つクリーチャーたちに「統率の取れた突撃」や「パーフォロスの試練」などクリーチャーを強化する呪文を使うと、あら不思議。

英雄的の能力で、クリーチャーに+1カウンターが乗るので更に強化できるんです!

 

単純にクリーチャーを強化して殴るデッキと異なり、上手く使えばより多くのクリーチャーを強くできるので、コンボ的な要素が楽しいデッキです。

 

デッキレシピ

英雄ビートダウン_ver1.0
旧スタンダード
 英雄ビートダウン_ver1.0

メイン マナ 枚数
アクロスの十字軍 (赤) 4
サテュロスの重装歩兵 (赤) 3
恩寵の重装歩兵 (白) 4
密集軍の指揮者 (白)(白) 4
イロアスの英雄 (1)(白) 1
放逐する僧侶 (1)(白)(白) 2
モーギスの軍用犬 (1)(赤) 3
統率の取れた突撃 (赤) 4
神々の思し召し (白) 3
船団の出航 (白) 4
ドラゴンのマントル (赤) 4
パーフォロスの試練 (1)(赤) 4
平地   8
  8
風に削られた岩山   4
サイド マナ 枚数
威名の英雄 (1)(白)(白) 1
合計(メイン)   60
合計(サイド)   1

 

参考レシピ

今回参考にさせて頂いたデッキレシピはこちら↓

白赤ビートダウン - MTG Wiki

 

【コンボ】ハイドラの脅威 デッキ

 前回の記事でリストラを余儀なくされるという、現代社会のサラリーマンさながらの世知辛い処遇を受けた屍体屋さん。

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

屍体屋さん使うぐらいなら鱗使った方がよくね?よくね?よくね?・・・

 

いやいやいや。ちょっと待てと。

 

我々は気付いていなかっただけなのだ。

屍体屋さんが真価を発揮できるデッキとは何なのかを!!

 

ちまちまカウンターを乗せるデッキに噛み合わないなら、ドカンと乗っけるようなデッキを作ってやれば良い。

そう、ハイドラだ! 

 

基本データ

「ハイドラの脅威」デッキ
フォーマット モダン
アーキタイプ コンボ
使用色 緑/黒
平均マナコスト 2.1
エキスパンション ゼンディカー〜タルキール覇王譚

 

デッキコンセプト

一度に乗せられるカウンターが多いハイドラに、屍体屋の脅威の効果を合わせてトンデモサイズのハイドラさんを生み出そう!というデッキです。

 

屍体屋さんの効果を最大限に発揮させたかったので、なるべく大きいマナでハイドラを召喚するために、「アヴァシンの巡礼者」や「エルフの神秘家」、「円環の賢者」などのマナ・クリーチャーを入れてます。

これらのマナ・クリーチャーでマナ加速を行いつつ、屍体屋さんとハイドラを早い段階で召喚し、相手を圧殺しましょう!

 

正直、1人で回してた時は「えっ、私のデッキ弱すぎ…?!」と思ってたんですが、いざ友達と対戦してみたら案外強かった(笑)

 

「ウルヴェンワルドの足跡追い」くんが、上手いこと相手の邪魔なクリーチャーを除去ってくれます。何かと優秀。

また、ハイドラはマナにより強さがコントロールできるので、「円環の賢者」さんが育ちやすいのもGood。

余談ですが、硬化した鱗と同じく生体変化でカウンターが移動する場合も、屍体屋さんの効果で2倍にできるらしいですね。

 

しかし除去対策が薄いので、「突然の衰微」や「思考囲い」「強迫」などの手札破壊系のカードを入れた方が良いかも?

 

デッキレシピ

屍体屋の脅威_ver2.0
旧スタンダード
 屍体屋の脅威_ver2.0

メイン マナ 枚数
変幻のハイドラ (X)(緑) 2
東屋のエルフ (緑) 2
ウルヴェンワルドの足跡追い (緑) 2
エルフの神秘家 (緑) 4
霧裂きのハイドラ (X)(緑) 4
頭巾被りのハイドラ (X)(緑)(緑) 2
円環の賢者 (1)(緑) 3
牙守りの隊長 (2)(緑) 2
屍体屋の脅威 (2)(黒)(緑) 4
カロニアのハイドラ (3)(緑)(緑) 1
狩猟の統率者、スーラク (2)(緑)(緑) 2
世界を喰らう者、ポルクラノス (2)(緑)(緑) 1
生体変化 (緑/青) 1
レインジャーの悪知恵 (緑) 3
暴走の先導 (2)(緑) 4
不屈の自然 (1)(緑) 4
  4
  12
ジャングルのうろ穴   4
サイド マナ 枚数
生命線のハイドラ (X)(緑)(緑)(緑) 1
ハイドラの繁殖主 (4)(緑)(緑) 1
忌まわしい回収 (黒)(緑) 2
ゴルガリの魔除け (黒)(緑) 2
挑発の咆哮 (2)(緑) 1
高まる残虐性 (2)(緑)(緑) 1
調和 (2)(緑)(緑) 2
合計(メイン)   61
合計(サイド)   10

 

参考レシピ

今回参考にさせて頂いたデッキレシピはこちら↓

teamys.net

 

【コンボ】増殖するカウンター デッキ

みなさんは屍体屋の脅威というカードをご存知でしょうか?

ラヴニカへの回帰ブロックで実装された+1/+1カウンターを2倍にするカードです。

 

単純な私は思ったわけです。

「こいつぁ〜強ェぜ!!」と。

 

しかし、意気揚々とデッキを作ってみるも、どれもイマイチ強くない・・・

「何故だ…?何がいけないんだ!?」

考えたわけです。

 

そして気付いてしまったわけです。

もしかして、屍体屋さん、いらないんじゃないか・・・?と。

 

思えば、何かするたびカウンターを一個乗せる・・・という効果のクリーチャーを屍体屋さんの効果で倍にしたとして、+1が+2になるだけじゃん・・・と。

それなら硬化した鱗を使った方が早いんじゃね?・・・と。

 

という訳で、今回は泣いて馬謖を斬る思いで屍体屋さんをリストラし、完成したデッキを紹介します。

デッキの基本データ

「増殖するカウンター」デッキ
フォーマット モダン
アーキタイプ コンボ
使用色 緑/黒
平均マナコスト 2.0
エキスパンション ゼンディカー〜カラデシュ

 

デッキコンセプト

とにかくカウンターを沢山乗せてクリーチャーを強くし、相手を力任せにブン殴るデッキです。

 

「硬化した鱗」「巻きつき蛇」を出して置けるカウンターの数を増やしておき、あとは「毅然さの化身」などカウンターを置く効果を持つクリーチャーを召喚すれば、あら不思議。

 

とんでもサイズのクリーチャーがいきなり場に出てくるので、相手はぶったまげるハズ!

 

鱗や蛇が1ターン目で来るとテンポよくカウンターをポコポコ置けるので、使っててとても楽しい(笑)

硬化した鱗のWikiページを見ましたが、生体変化でカウンターが移動する場合にも、鱗や蛇の効果は適用されるみたいですね。

あとは、ウルヴェンワルドの足跡追いなど育ったクリーチャーと無理やり格闘させるカードがあると便利かも?

 

デッキレシピ

カウンター_ver1.0
旧スタンダード
 カウンター_ver1.0

メイン マナ 枚数
歩行バリスタ (X)(X) 1
霧裂きのハイドラ (X)(緑) 2
実験体 (緑) 4
毅然さの化身 (緑)(緑) 3
漁る軟泥 (1)(緑) 2
巻きつき蛇 (黒)(緑) 4
屑肉の刻み獣 (1)(黒)(緑) 2
牙守りの隊長 (2)(緑) 2
ピーマの改革派、リシュカー (2)(緑) 2
捕食者のウーズ (緑)(緑)(緑) 4
生体変化 (緑/青) 1
レインジャーの悪知恵 (緑) 3
ゴルガリの魔除け (黒)(緑) 1
挑発の咆哮 (2)(緑) 1
自然の祝福 (4)(緑) 2
硬化した鱗 (緑) 4
  6
  10
ジャングルのうろ穴   4
巨森、オラン=リーフ   2
サイド マナ 枚数
ウルヴェンワルドの足跡追い (緑) 4
屍体屋の脅威 (2)(黒)(緑) 2
自然のままに (緑) 1
忌まわしい回収 (黒)(緑) 1
致命的な一押し (黒) 2
突然の衰微 (黒)(緑) 1
怨恨 (緑) 4
合計(メイン)   60
合計(サイド)   15

 

参考レシピ

今回参考にしたデッキレシピはこちら↓

www.izzetmtgnews.com

 

【ビートダウン】速攻のラクドス デッキ

諸君、私は赤が好きだ。

そして黒も好きだ!

と言うことで、今回は厨二病カラーでお馴染みのラクドスで組んだ速攻デッキを紹介します。

 

デッキの基本データ

「速攻のラクドス」デッキ
フォーマット モダン
アーキタイプ ビートダウン
使用色 赤/黒
平均マナコスト 2.2
エキスパンション ラヴニカへの回帰〜テーロス

 

デッキコンセプト

テーロスの「英雄的」を使う・・・というよりは、赤黒の速攻持ちクリーチャーで攻めて攻めて攻めまくるというデッキです。

 

立ちふさがる邪魔なクリーチャー達は「究極の価格」「稲妻の一撃」焼き払え

プレインズウォーカー?問題ない。「英雄の破滅」でオサラバだ!

 

参考レシピに掲載している通り、Wikiに載っていたデッキを自分の持っているカードと照らし合わせて改造しただけですが、

殺戮を!楽しみを邪魔するヤツは誰であろうと排除せよ!」

という何ともラクドスらしいデッキで、とても気に入ってます。

まさにヒャッハー!したい方にオススメ。

 

デッキレシピ

ラクドスビートダウン_ver1.0
メイン マナ 枚数
苛まれし英雄 (黒) 4
ラクドスの哄笑者 (黒/赤) 4
快楽殺人の暗殺者 (1)(黒) 1
ラクドスの切り刻み教徒 (黒/赤)(黒/赤) 4
とげの道化 (黒)(赤) 4
ザスリッドの屍術師 (2)(黒) 3
モーギスの匪賊 (2)(黒) 4
ラクドスの血魔女、イクサヴァ (2)(黒)(赤) 3
究極の価格 (1)(黒) 1
稲妻の一撃 (1)(赤) 4
英雄の破滅 (1)(黒)(黒) 2
向こう見ずな技術 (1)(赤) 4
  10
  7
血の墓所   1
竜髑髏の山頂   4
サイド マナ 枚数
死者の神、エレボス (3)(黒) 2
思考囲い (黒) 4
戦慄掘り (黒)(赤) 2
ミジウムの迫撃砲 (1)(赤) 2
燃え立つ大地 (3)(赤) 2
エレボスの鞭 (2)(黒)(黒) 2
合計(メイン)   60
合計(サイド)   14

 

参考レシピ

今回参考にしたデッキレシピはこちら↓ 
黒赤ビートダウン - MTG Wiki