黒木ノ水岩

黒木ノ水岩

自分の経験や実体験を元に、商品紹介や様々なHowTo等を紹介していきます。尚、当ブログの利用や掲載内容等により生じた損害等の責任は一切負いかねますので、ご了承下さい。

サバゲ初心者講座 #1 〜準備編〜

サバゲ初心者の私による初心者のための講座のような何かです。

準備編と題しまして、今回はサバゲを始めるに当たって本当に必要なものを書いていこうと思います。

 

なぜ、本当に必要なものを紹介するのかというと、サバゲってお金が結構かかるんですね。

参加費も交通費を含めたら1回5000円以上かかりますし、電動ガンも一丁2万以上のものが殆ど。

さらに装備も一式となると、結構お金がかかります。

 

なので、今回はインドア(屋内)とアウトドア(屋外)の両方で使える必要最低限の装備について教えたいと思います。 

オススメの電動ガンや銃周りの消耗品などは別の記事で書こうと思っているので、今回はレンタル銃前提で書きます。

 

目次を見てもらえれば分かる通り、殆ど家にあるもので揃ってしまう事に気付かれましたか?

そう、家にあるもので良いんです。

サバゲ用の服?必要ありません。

タクティカルベルト?必要ありません。

マガジンポーチ?必要ありません。

スリング?必要ありません。

 

自分自身、タクティカルベルトやマガジンポーチなどは最初頃は憧れて買ってました。

しかし、サバゲは重たい銃を抱えて一日中走り回るため、装備をごちゃごちゃ着けていると重くて疲れてしまうんですね。

 

また、屋外でのサバゲの場合はフィールドまでの道のりが遠い事が多いです。

特に電車を利用する場合、装備を持っていけば行くほど荷物が重くなるので、行き帰りをラクにするために荷物はなるべくスリム化したいですよね。

 

自分と同じく体力に自信のない方や女性の方は、特に上記の2点がネックになる所ですので、最初から身軽な状態で始めることをオススメします。

 

長袖、長ズボン、靴下、運動靴

Amazonなどでサバゲ用の迷彩服などが売ってますが、要は肌の露出を抑えられれば良いわけで、普段着で十分です。

自分は屋内も屋外もユニクロで買ったパーカーとジーンズで行ってます。

運動靴も自分が履きやすく動きやすいものであれば何でも構いません。

 

ただ一点だけ、服も靴も汚れて良いものをチョイスしましょう。

屋内はともかく、屋外フィールドだと土で汚れたりすることがあります。

 

帽子、手袋

帽子は普通のベースボールキャップがオススメです。

理由は、屋外だと日差しが強い場合があり、日光を遮断できるつば付きの方が視界を確保しやすいからです。

無ければニット帽やパーカーのフードなどでも良いと思います。

 

手袋は軍手かそれより厚手のものなら何でもかまいません。

サバゲ用に買うなら、以下のような安いもので十分です。

首周りを覆えるもの

マフラーやスカーフ、ネックウォーマーなど首回りを覆えるものなら何でもOKです。

ハイネックの服を着ている場合は無くてもOKです。

 

サバゲ用のスカーフも色々売っててカッコいいのですが、巻き直したりするのが結構面倒なんですよね。

そういう時は、以下のようなネックウォーマーチックなものが通気性も良く夏場でも使えてオススメです。

ニーパッド

これは新たに購入する必要があるものだと思います。

サバゲでは膝をついた姿勢になる事が多く、屋内でも屋外でも硬い地面に膝を付いてると膝が痛くなってくるんですね。

そのため、個人的に膝当ては必須装備かなと思っています。

 

フェイスマスク

一年に一回の頻度であったとしても、今後もサバゲに行こうと考えてる方は必須装備です。

どんなフィールドのどんなレギュレーションでも使えるゴーグルとマスクが一体になったものをオススメします。

メッシュタイプのものは使用NGとなっているフィールドもあるため、必ずレンズタイプのものを選択しましょう。

 

 

如何でしたでしょうか?

皆さまのサバゲライフに少しでも貢献できたなら幸いです。

 

★おすすめの電動ガンはこちら 

kurokinomizuiwa.hatenablog.com