黒木ノ水岩

黒木ノ水岩

ゲームを中心に様々なものを趣味の赴くままに紹介していきます。

キルレが上がる!ゼンハイザーGSP300をレビュー!

今回は、高性能ゲーミングヘッドセットメーカーとして有名なゼンハイザーから出ているGSP300をレビューしたいと思います。

 

今までは、2,000円〜4,000円弱の安価なヘッドセットを紹介してきましたが、今回は1万円弱の中堅の価格帯に位置するヘッドセットになります。

少々お高めのヘッドセットになりますが、超高音質で人気の高いゼンハイザーのヘッドセットの中では安価な部類に入ります。

むしろ、1万円でゼンハイザーのヘッドセットが買えるの?!と驚く人もいるのだとか。

 

値段に違わず素晴らしい音質で、MixAmpとの相性も抜群、確実にキルレ向上に貢献できる製品なので、性能の良いヘッドセットをお探しの方は是非参考にしてみて下さい!

 

外観のデザイン

外箱のデザインは写真のような感じです。シンプルで良いですね!


f:id:ride_wa:20181222151051j:image

f:id:ride_wa:20181222151054j:image

 

中を開けると、左の写真のような形でヘッドセットが収まっています。

取り出すと右のような感じ。

f:id:ride_wa:20181222151121j:plain
f:id:ride_wa:20190415214040j:plain

 

青と黒を基調にしたデザインで、派手さが無くスタイリッシュでカッコいいです。

写真では分かりづらいですが、ハウジングの部分は黒に近い灰色になっていて、ヘッドバンドの黒色とのコントラストが美しいです。


f:id:ride_wa:20181222151149j:image

f:id:ride_wa:20181222151153j:image

左にマイク、右に音量調節用のダイヤルが付いています。

以下の項目で詳しく説明しますが、GSP300は、マイクや音量のコントローラがヘッドセットに内蔵されているので、スッキリしていて大変使いやすいです。

 

ヘッドバンドの上部は2つに別れていて、通気性も良い感じです。

また、バンドは伸縮させて自分の頭の大きさに合わせる事ができます。長さは、側面にある複数の溝の幅で細かく調節する事ができます。


f:id:ride_wa:20181222151319j:image

f:id:ride_wa:20181222151315j:image

 

コントローラと接続端子

音量・マイクのコントロール

上でも書きましたが、音量の調節はヘッドセットの右側にあるダイヤルで行います。

ゲームしながらの音量調節がサッとできるので、とても便利です。

また、ダイヤルが頭に近い部分にあるので、誤操作しにくい点も嬉しいポイントです。

 

マイク部分は、真ん中の黒くなっている箇所でグニャグニャ曲げることができます。

また、マイクのオン/オフはマイクの上げ下げで切り替えることが出来ます。

マイクを下げると自動的にマイクがオンになり、上げるとオフになります。

こちらも、ゲーム中にサッとマイクを切り替えられる上に、誤操作も防止できて大変便利です。


f:id:ride_wa:20181222151248j:image

f:id:ride_wa:20181222151242j:image

左の写真くらいの位置でオンオフが切り替わります。一番下まで下げると右の写真の位置になります。

 

外部接続端子

ヘッドセット本体から伸びているコードは左の写真のようにヘッドホンとマイクの2つの端子が出ています。

右の写真のように3極→4極への変換コネクタも付属しています。

ケーブルは布製ではなくゴム製なので、耐久性の面で少し不安があります。


f:id:ride_wa:20181222151349j:image

f:id:ride_wa:20181222151343j:image

 

装着感・防音性能

装着感は、軽量で過度な締め付けもなく、長時間プレイも難なくこなせます。

ヘッドバンドの部分は2つに別れた青いクッションが取り付けられており、特にイヤーパッドはフッカフカで感触が良い上に、パッドが耳の形に少し傾いているので、自然な形で耳を包み込んでくれます。


f:id:ride_wa:20181222151217j:image

f:id:ride_wa:20181222151222j:image

メガネとの干渉も一切なく、装着感は大変快適です。

 

一方、防音性能はかなり高めで、他の人に大声で呼ばれてやっと気付くぐらいです。

生活音は殆ど聞こえなくなるため、ゲームの音にだけ集中する事ができます。

 

気になる音質は?

さすが一万円代ともなると、数千円のヘッドセットとは一線を画している感じがあります。

音質はフラットな感じで、敵の足音から武器を持ち替える時の音までとても明瞭に様々な音が聞こえてきます。

 

ヘッドセットは基本的に価格が高くなればなるほど性能が良くなりますが、個人的にはこのくらいあれば十分にキルレを上げる事ができると思います。

 

このヘッドセットだけでも十分に性能は良いのですが、MixAmpを使うと更に秘められたポテンシャルを引き出せるのです!

 

MixAmp Proとの相性

結論から言うと、MixAmpとの相性はバッチリです。

音質が元々フラットなので、MixAmpで設定した味付けを素直に表現してくれます。

 

さらに、MixAmpと組み合わせる事により音質は飛躍的に向上するのです!

前回レビューしたLB-902もMixAmpとの相性は良い方でしたが、LB-902がMixAmpによって2倍音質が良くなるとすると、GSP300は10倍くらい良くなるというイメージです。

つまり、どちらも音質が向上するのですが、その上がり幅が段違いという事です。

 

左右だけでなく上下もはっきりと定位が分かり、360°どの方向でも死角なしといった感じです。

正直言って、GSP300とMixAmpの組み合わせを使ってしまうと、数千円のヘッドセットでは満足できないほどです。

もし、FPSにハマって強くなりたい!と言う思いがあるなら、多少値は張りますがMixAmpとGSP300を最初に買うことをオススメします。

 

MixAmpについてのレビューはこちら↓

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

マイクの性能は?

友人にボイスチャットで聞いてもらったところ、全く問題なくクリアに聞こえているようです。

自分で録音して聞いたりはしていないので、今度機会があれば確認してみたいと思います。

 

総評

  • 価格:★★☆☆☆
  • デザイン:★★★★★
  • 装着感:★★★★★
  • 防音性能:★★★★★
  • 定位感:★★★★☆
  • 高音:★★★★☆
  • 低音:★★★★☆
  • マイク音質:★★★★☆

単体でも死角なしの十分に高い性能を持っているのですが、個人的には是非MixAmpと組み合わせてみて欲しい!という所です。

初めて組み合わせて聞いた時、あまりの明瞭さに思わず感動してしまいました・・・

MixAmpを組み合わせる事で、★の数が全体的に2つくらいアップするイメージです。

 

また、このヘッドセットは良い意味でゲームに特化している作りになっているなと思います。

FPSをしながらでも音量調節やマイクの切り替えが素早く行えますし、非常に高い防音性能でゲーム内の微かな音にも難なく集中できます。

 

購入にあたり、他の1万円台のヘッドセットもレビューを見たりしてかなり調べましたが、総合力ではGSP300が一番かなと思っています。

実際、購入してみてお値段以上の価値があったと大変満足しています^^

 

ヘッドセットに1万円もかけるの!?という人が多いかもしれませんが、FPSはハマっていくと段々上手くなりたいとかキルしたいという欲求が強くなっていくのですよ・・・(笑)

そうなった時、安価なヘッドセットを購入しても、段々と良いものが欲しくなってきてしまうものです。

それなら、価格が高くても最初から良いものを購入した方が、結果的に安く済むのでオススメですよ!

 

みなさんも、1万円台のヘッドセットでどれを買うかお悩みの時は、是非GSP300を手に取って見て下さい!

 

いやいや、やはり安価なヘッドセットで試したい!という方は、こちらの記事を参考にどうぞ↓

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

余談

実はこのヘッドセット、ゲーミングヘッドセットにしてはサイズが小さめでコンパクトです。

手持ちのLB-902と並べてみても、大きさの違いが分かると思います。

f:id:ride_wa:20181222151406j:image

ヘッドセットのサイズは小さめですが、比較的頭の大きい自分でも特に締め付けがキツイな…という事もなく、大変快適でした。 

アマゾンで売っているような数千円のヘッドセットは、比較的大きめに作られているので、女性なんかはGSP300がブカブカせずに丁度いいのではないかと思います!

 

おすすめのハムスター飼育セットのご紹介!〜ゴールデンハムスター編〜

今回は、おすすめのハムスター飼育セットのご紹介という事で、主にゴールデンハムスターやキンクマハムスター等の大型ハムスターを飼う上でおすすめなグッズ等を紹介していきたいと思います!

 

ジャンガリアン等の小型ハムスター(ドワーフ系ハムスター)のグッズは種類が多いのですが、ゴールデンやキンクマ等の大型ハムスター向けのグッズって意外と少ないんですよね。

なので、何を買ったら良いのか分からない!という方は是非目を通してみて下さい!

 

ハムスターを飼育する上で最低限必要なもの

ハムスターを飼う時に、「これだけは絶対に必要!」というものは、以下の9つです。最後の3つは消耗品ですね。

  1. 飼育ゲージ
  2. 巣箱(ハウス)
  3. 回し車
  4. トイレ
  5. エサ入れ
  6. 給水器
  7. エサ
  8. 床材
  9. トイレ砂

それでは、それぞれ何がおすすめなのかを紹介していきます!

 

①飼育ゲージ

手作りゲージが最もオススメです。

何故かと言うと、安くて手軽に大きなゲージが作れるからです。

 

市販のゲージは大半がジャンガリアン等の小型ハムスター向けの大きさなので、ゴールデン等の大型ハムスターには小さいのです。

ゴールデンでも大丈夫なゲージもあるにはありますが、5,000円〜10,000円とかなり高価です。

それなら、好きな大きさのゲージが作れる手作りゲージの方が、値段も2,000円程度に抑えることができるので、圧倒的にオススメです。

 

手作りなんて面倒くさいよ!という方は、ちょっと待ってください。

実は、10分くらいでとっても簡単に作れてしまうのです!

作り方は下の記事に詳しくまとめていますので、是非参考にしてみて下さい。

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

どうしても手作りは面倒くさい!という方向けに、一応市販のゲージも紹介しておきます。

ゲージの種類は大きく分けて、プラスチックタイプ、金網タイプ、水槽タイプの3種類ありますが、金網だけはやめた方が良いです。

ハムスターが夜な夜なかじりまくって大変な騒音がします;;

SANKO C601 ルーミィ60 ベーシック

SANKO C601 ルーミィ60 ベーシック

 
イタリアferplast社製 ミニデュナマルティ

イタリアferplast社製 ミニデュナマルティ

 

 

②巣箱(ハウス)

ハムスターのお家になるものですね。

木製のものや、陶器製のもの、布製のものなど様々な巣箱がありますが、手入れがしやすくトラブルも少ない陶器製のものをオススメします。

 

スドーの「切株のお部屋(大)」は、大型ハムスターでもゆとりを持てるくらいのちょうど良い大きさで、夏は涼しく冬は温かい万能ハウスです。

また、こちらは小型ハムスター用に小さいサイズもあるので、小型ハムスターにもオススメです。

 

これ以外だと、成長したハムちゃんには少し狭いかなと思うのですが、下の「素焼きハウス どんぐり」も手入れがしやすくオススメです。

SANKO 素焼きハウス どんぐり

SANKO 素焼きハウス どんぐり

 

 

木製の巣箱については、ハムスターがカジってささくれだらけになって危ない事と、虫が湧くリスクがあるため、極力やめた方が良いと思います。

布製の巣箱は、おしっこ等が染み付いてニオイが中々取れないので、手入れの面であまりオススメはしません。

その点、陶器製であれば巣箱を丸ごと水洗いで済みますし、ハムスターが怪我をする恐れも少ないので大変おすすめです。

 

③回し車

大型ハムスターだと、パワーがあるので回し車を回す音が小型ハムスターの比ではありません。

なるべく音を小さくしたい!という方は、「サイレントホイール21」がオススメです。

一回り小さいサイレントホイール17だと成長したハムちゃんには小さいので、21にする事をおすすめします。

SANKO サイレントホイール 21

SANKO サイレントホイール 21

 

 

このサイレントホイール、確かに音は小さいのですが、そのままだと結構音がしてしまう場合があります。

そんなときは、サイレントホイールの台の下にタオルなどの緩衝材を敷いてあげると、かなり音が軽減されるのでオススメです!

 

④トイレ

正直、100均のある程度高さがあるタッパーで十分です。

市販のものでは、マルカンの「コーナーバス」が砂も飛び散らないので便利です。(タッパーでも高さがあれば飛び散りません。)

 

⑤エサ入れ

これも100均の陶器製の器であれば何でも良いと思います。

個人的には、市販の「フード付食器」が可愛くて好きです。

マルカン ハムちゃんのフード付食器 ES-17

マルカン ハムちゃんのフード付食器 ES-17

 

 

その他にも色んなシリーズがあるので、気に入ったのを選んでみて下さい。

SANKO ハッピーディッシュ コーナーS

SANKO ハッピーディッシュ コーナーS

 
スドー エサ入れ Sポップ

スドー エサ入れ Sポップ

 

 

⑥給水器

市販ゲージでも手作りゲージでも使える「マルチボトル」がオススメです。

上からの吊り下げにも、ネジ止めにも対応しており、尚且つ数百円ととても安価です。

マルチボトル 80ml

マルチボトル 80ml

 

2019/4/7現在、謎の値上がりで700円近くしてますが、本来の価格は300円くらいなので、ヨドバシカメラの通販で購入したほうが安く買えます。

 

⑦エサ

ハムスターに日常的に与えるエサは固形のペレットになります。

ペレットにも様々な種類がありますが、色んなモノがミックスされているペレットはハムスターが偏食を起こすため避けたほうが良いです。

 

ウチでは、安くて量も沢山入ってるフィード・ワンのペレットをあげています。

ハードタイプのペレットはガジガジかじれるので、歯の伸びすぎ防止とストレス解消に役立つと思います。

フィード・ワン ハムスターフード ハードタイプ 1kg

フィード・ワン ハムスターフード ハードタイプ 1kg

 

 

その他、有名どころで言うとハムスターセレクションなんかも人気です。

イースター ハムスターセレクション 400g

イースター ハムスターセレクション 400g

 

 

⑧床材

ハムスターも人間と同じくアレルギーを持っている事がある関係で、針葉樹の床材はなるべく避けたほうが無難です。

自分の場合は、以下の2つのような広葉樹のウッドチップを使っています。

(紙系の床材も良いのですが、結構高価な上にあまり売ってません・・・) 

マルカン ふわふわベッド お徳用 12L MR-21

マルカン ふわふわベッド お徳用 12L MR-21

 

 

また、もしハムちゃんがアレルギーでなければ、上の床材に「ヒノキア」を混ぜて使う方法も実はかなりオススメです。 

ジェックス ヒノキア 消臭砂 7L

ジェックス ヒノキア 消臭砂 7L

 

このヒノキア消臭性に大変優れていて、尚且つおしっこをした場所が一発で分かるのです。

大型ハムスターの場合、トイレの覚えが良い子が殆どだと思いますが、中には中々覚えてくれない子もいます。

そんなとき、どこにおしっこをしたかが分かりづらいと早めに処理できず、どんどんゲージが臭くなっていってしまいます。

 

ノキアの場合、濡れた部分が明らかに色が変わるので、おしっこした場所が分かりやすく、取り除きやすいのです。

また、普通の床材には無い消臭性を兼ね備えているので、ゲージの中が全く臭くなりません。

なので、個人的にはウッドチップ+ヒノキアを混ぜて床材として使う方法が一番オススメです。

ハムスターのニオイが気になる!という方は、是非試してみて下さい!

 

⑨トイレ砂

意外と大事なトイレ砂。濡れると固まるタイプと固まらないタイプがありますが、ハムスターの安全のため、固まらないタイプを選んだほうが無難です。

 

自分の場合は、安価で消臭性、安全性に優れているSANKOの「サラっとクリーン」を使っています。

SANKO サラっとクリーン

SANKO サラっとクリーン

 

 

必須ではないが、あると良いもの

上記までは飼育に必須なグッズを紹介しましたが、ここからは必須ではないものの、あると便利だったり、あると良いものを紹介したいと思います。

 

①砂浴び場

これはハムスターにとって、あった方が良いものになります。これもトイレと同じく100均のタッパーで十分です。

砂浴び用の砂はトイレ砂と同じでも大丈夫ですが、一応砂浴び用の砂も市販されています。 

三晃商会 バス・サンド ハムスター用

三晃商会 バス・サンド ハムスター用

 

しかし、ハムスターからすると「砂浴び場」も「トイレ」も区別がついてない事が多いので、どちらもトイレ砂を入れておいた方が良いかもしれません。

 

②ペットヒーター

寒い地域にお住まいの方や、冬場は部屋がかなり冷え込んでしまうという方は必須のグッズです。

ハムスターは、温度が低くなりすぎると疑似冬眠してしまう場合があります。

疑似冬眠すると、そのまま死んでしまう事も少なくないので、ゲージの中は常に15℃以上はキープしてやる必要があります。

 

そんな時、このペットヒーターをゲージの下に敷いてやることで、ゲージの中を温めることができ、疑似冬眠を防ぐ事ができます。

みどり商会 ピタリ適温プラス 2号

みどり商会 ピタリ適温プラス 2号

 

 

③おやつ

ハムスターのエサはペレットで十分ですが、やはり手乗りにしたり絆を深めるためには、美味しいおやつが欠かせません。

そこで、ここではウチのハムちゃん達に好評だったおやつをご紹介します。

名前を呼びながらおやつをあげると、だんだん名前を呼んだだけで飼い主さんの方へトコトコやって来るようになりますよ!

 

まずは、何と言っても「ひまわりの種」です。ハムスターは種子系全般に目がないので、種のおやつはハズレがありません。

ただし、ひまわりの種は油分が多いので、あげすぎには注意して下さい。

 

種子以外のおやつだと、「サクサク王国 とうふ」が食いつき良かったです。

手に持って食べれるサイズにカットされているので、ハムちゃんがおててに持ってサクサク食べる姿はなんとも可愛らしいものがあります。

スドー サクサク王国 とうふ 10g

スドー サクサク王国 とうふ 10g

 

 

最後は、猫が好きなおやつとして有名な「ちゅーる」です。

ハムスター用のは「ぴゅーれ」ですが、同じような感じのおやつで、チーズ風味とイチゴ風味の二種類あります。

最初あげた時は、見慣れないせいか食付きが悪かったのですが、一度味を覚えると二回目からはかなり食付きが良かったです。

猫と同じく、袋の先端から出てくるピューレを一心不乱に舐めまくるハムちゃんのしぐさはとても可愛らしいですよ!

 

④かじり木

ハムスターにとっては、あった方が良いグッズです。

ハムスターは何でもかじるのが好きなので、かじり木を入れてやると歯の伸び過ぎ防止やストレス解消に役立ちます。 

マルカン かじり木コーン Sサイズ

マルカン かじり木コーン Sサイズ

 

 

⑤Pハンガー

自分がハムスター関係の記事を書くと絶対入れたくなる便利グッズです。

ネジ止めするタイプの給水ボトルや回し車、その他グッズを金網以外のタイプのゲージに簡単に取り付けられるアタッチメントになります。

 

Pハンガーについては、下記の記事で詳しく書いているので、水槽や手作りゲージを使っている人は是非参考にしてみて下さい! 

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

ハムスターは大変飼いやすく、さらにどんなしぐさも可愛いため、初めてのペットにとてもオススメな生き物です。

 

中でもゴールデンハムスターやキンクマハムスターは穏やかな性格でしつけもしやすい事から、初心者向けと言われています。

みなさんも、この春から新しい家族と新しいスタートを切ってみてはいかがでしょうか?

 

超簡単!10分で出来る1500円の手作りゲージ!

以前、2000円で出来るハムスターの手作りゲージの作り方を書きましたが、今回はこれよりも更に簡単、かつ安い上に広い手作りゲージを作ったので紹介します!

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

  

今回は、キンクマハムスターのような大きなハムちゃんでも問題ない大きさで、かつ脱走対策もバッチリです。

砂浴び場を入れても余裕があるので、ルーミィなどの市販のゲージを買うよりずっと安いですし、お手入れも簡単です。

 

これからハムスターを飼う方や、既に飼っているけどもっと大きなゲージにしたい方に大変オススメです!

 

用意するもの

  • 衣装ケース
  • バーベキュー用の金網
  • グルーガン
  • 結束バンド(2本)

前回同様、今回も衣装ケースを使った手作りゲージになります。

 

衣装ケース

以前使ったものよりも大きくて安いモノがあったのでご紹介します。

サンコープラスチック アクティボックス 56 ナチュラル 510128

サンコープラスチック アクティボックス 56 ナチュラル 510128

 

 

キャスター付きなのでゲージの移動が楽な上、キャスターを使わない場合はフタをひっくり返して下に敷けばキャスターが固定されるので便利です。

f:id:ride_wa:20190405193414p:plain

 

2019/4/5時点では、Amazonで2,000円近くしてますが、ホームセンター等では1,000円以下で購入できたので、ヨドバシカメラ通販やお近くのホームセンターやデパートで探してみてください。

衣装ケースと金網で大体1,500円くらいになります。

 

バーベキュー用の金網

バーベキュー用の金網は、ハムスターの脱走対策のため必須です。

かじられても壊れませんし、網目が細かいので通り抜けを防止できます。 

BUNDOK(バンドック) バーベキュー 焼き アミ 大 BD-314 替え網

BUNDOK(バンドック) バーベキュー 焼き アミ 大 BD-314 替え網

 

こちらは、Amazonであれば大きなサイズでも安価な網があるのでオススメです。

 

グルーガン、結束バンド

グルーガンは衣装ケースと金網を結束バンドで繋ぎ止めるための穴あけに使用します。

ダイソーで200円くらいで売ってたと思います。

 

結束バンドは、なるべく太いタイプのものを使ってください。

細いものだと、蓋を何回も開け締めしているうちに擦れて切れてしまいます。

結束バンドもダイソーで100円で買えます。

 

作り方

  1. 衣装ケースの上部2ヶ所に穴を開ける
  2. 衣装ケースの穴と金網の穴に結束バンドを通して結ぶ
  3. 完成

これだけです。10分も要らないんじゃ…?

ちなみに、フタを閉めておくための留め具はありません。

私の場合は金網の上にノートPCなど重りになるものを置いてます。

 

留め具の候補としては、マジックテープタイプの結束バンドが良いと思います。

こちらも1ヶ所穴を開けて金網の網目にバンドを通せば良いだけです。

マジックタイ135(混)5本

マジックタイ135(混)5本

 

 

①衣装ケースの上部2ヶ所に穴を開ける

グルーガンで衣装ケースの上部2ヶ所に穴を開けます。

グルーガンが温まったら、穴を開けたい位置にグルーガンの先端を押し当てます。

f:id:ride_wa:20190405193356p:plain

 

すると、接触している部分が徐々に溶けていくので、そのまま押し込み穴を開けます。

グルーガンには何も入れないでください!

 

②衣装ケースの穴と金網の穴に結束バンドを通して結ぶ

左の写真のように、下のグルーガンで開けた穴から結束バンドを通して、金網の穴と結びつけます。

このとき、右の写真のように金網のフチから1つ手前の穴に通して下さい。

こうする事で、金網のフタを開けるときに、フタが勝手に落ちてこなくなるので便利です。

f:id:ride_wa:20190405193405p:plain
f:id:ride_wa:20190405193422p:plain

 

こんな感じで2ヶ所の穴に結束バンドを通したら完成です。

f:id:ride_wa:20190405193347p:plain

 

③完成

フタを開けるとこんな感じです。中のハムスターはキンクマちゃんです。

左下の砂浴び場用トレイを置いてもそこそこの広さを確保できていると思います。

f:id:ride_wa:20190405191856j:plain

 

フタを閉めるとこんな感じです。

ちょうどケージとぴったりサイズの金網が無かったので、左右がはみ出る形になってしまいますが、特に不便さを感じたことはありません。

f:id:ride_wa:20190405191922j:plain

 

衣装ケースゲージの問題点

衣装ケースは安い上に市販ゲージよりも広いものが作れるので、飼い主にもハムちゃんにも優しく大変オススメなのですが、いくつか問題点もあります。

 

回し車の買い替え問題

台座付の回し車を持っている方は良いのですが、台座なしのものしか持っていない方は、台座を別で買うか台座付きの回し車に買い換える必要があります。

個人的にオススメなのは、サイレントホイール21です。

SANKO サイレントホイール 21

SANKO サイレントホイール 21

 

ジャンガリアンなどのドワーフ系ハムスターから、ゴールデンやキンクマなどの大型ハムスターまで幅広く使えるサイズなので、とても便利です。 

 

音がどうしても気になる!という方は、サイレントホイールの下にタオルを敷くと音が軽減されるのでオススメですよ!

f:id:ride_wa:20190405191911j:plain

 

また、ゲージの壁とサイレントホイールが接触する音が気になる場合は、下の写真のように化粧に使うコットンをガムテープで覆って貼り付けると全く音がしなくなります。

ガーゼやティッシュなどでも代用できます。

f:id:ride_wa:20190405193433p:plain

 

給水ボトルの設置問題

ネジでゲージに取り付けるタイプの給水ボトルの場合は、衣装ケースに穴を開ける必要があります。

これが結構面倒で、さらに自由にレイアウトも変えられないという制限が付くので、あまりオススメはしません。

 

上から吊り下げられるタイプ、または吸盤でくっつけるタイプの給水ボトルであれば、穴あけ不要でレイアウトも変更しやすいのでオススメです。 

マルチボトル 80ml

マルチボトル 80ml

 
ペットニード 吸水器タイニ ハムスター用 80cc

ペットニード 吸水器タイニ ハムスター用 80cc

 

 

2つの問題を一挙解決してくれる便利アイテム!

実は、上記の2つの問題を解決してくれる超便利アイテムがあります。

それは、以前の記事でも紹介した「Pハンガー」です!

Pハンガーは、ネジ止めタイプのグッズを吸盤で取り付けられるようにするアタッチメントで、既に持っているサイレントホイールや給水ボトルをそのまま流用できてしまうのです!

(※ただし、取り付けられるサイレントホイールのサイズには制限があります。)

 

実際に現在私も使っていますが、吸盤も強力で落ちませんし大変便利です。吸盤なので、ゲージ内のレイアウト変更も簡単!

下の写真は実際にゲージに取り付けた様子です。ボトルは上記で紹介している「マルチボトル」を使っています。

f:id:ride_wa:20190405191802j:plain

 

また、この吸盤は別売りで予備も販売しているので、劣化しても取り替えられるのが素晴らしいですね。

下は30個セットになっていますが、4個セットの安価版もあるので、探してみて下さい。 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

個人的に、衣装ケースを使った手作りゲージは最強のゲージだと思っています。

価格も安く、手軽に作れる上、ハムスターを飼わなくなった時には、中を洗えば通常の衣装ケースとして使えるので、とても経済的だと思います。

現に、私も以前使っていた衣装ケースゲージを洗ってボードゲームの収納ケースとしてリサイクルしています(笑)

 

安価な衣装ケースに2ヶ所の穴あけだけで、市販のゲージよりもずっと広いゲージが簡単に作れてしまうので、是非トライしてみて下さい!

 

キルレが上がる!高性能アンプAstro MixAmp Pro TRをレビュー!

今回は、ハードウェアチートと呼ばれるほど高性能なアンプ、AstroのMixAmpをご紹介したいと思います。

FPSのプロ選手も愛用している製品なので、強くなりたい方は必見です!

 

この製品は、FPSに欠かせない「敵の足音」など、キルを取るために重要な音をクリアに聞かせてくれる装置です。

敵の位置が精度よく把握できるので、必然的にキルが取りやすくなる素晴らしい製品です。

有名な製品なので、FPSをやっている方ならご存知の方も多いと思います。

 

値段がそこそこ高いので、私もずっと手を出せずにいたのですが、いざ手に取ってみるとその性能は素晴らしいものでした。

高いけど、もっと早く手に入れておけば良かった!と今は後悔している程です(笑)

今ではPS4に接続して、FPS以外でもゲームをする時には必ず使用しています。

 

FPSで手っ取り早くキルレを上げたい!という方や、手持ちのヘッドセットをサラウンド化したい!という方には持ってこいの製品なので、是非試してみて下さい!

 

 

そもそもアンプって?

MixAmpをご存知の方は読み飛ばして頂くとして、そもそもこのアンプは「何をするためのものなのか?」という事について説明したいと思います。

 

アンプ(Amp)と言えば増幅器の事ですよね。

つまり「音」「増幅」してくれる訳です。

 

ミックス(Mix)と言えば「混ぜる」事ですよね。色んな音をただ混ぜるだけでなく、音ごとの音量や音色、定位を調整して混ぜます。

つまり「音」「いい感じに調整」してくれる訳です。

 

要するにMixAmpとは、音を増幅して良い感じに調整し、聞きやすくしてくれる装置という事です。

FPSで言うなら、「敵の足音」「増幅」して「聞こえやすくしてくれる」装置というイメージです。

 

MixAmpのメリット

私が思うMixAmpのおすすめポイントは以下のとおりです。

Good Point !
  • 手持ちのヘッドセットの音質が良くなる!
  • 手持ちのヘッドセットを簡単にサラウンド化できる!
  • 強調したい周波数を自由に設定できる!
  • イコライザ設定を最大4つまでボタン切り替え可能!
  • ゲーム音とマイク音声の音量が別々に調整できる

このMixAmpの優れている点は、自分が持っているヘッドセットをそのまま使える*1という点です。

自分が普段使っているヘッドホンやヘッドセットをMixAmpに接続するだけで、音質をアップさせたりサラウンド化できてしまうのだから驚きです。

 

実際に私も手持ちのヘッドセットで試してみたところ、ハッキリ分かるくらい音質に違いがありました。 

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

手持ちのヘッドセットの音質向上&サラウンド化により臨場感のある大迫力サウンドを楽しめるので、FPSに限らず普通のゲームをプレイする時や、音楽鑑賞、映画鑑賞など幅広い用途で効果を発揮してくれます。 

 

また、特にFPSでの使用という点では、上記でも書いたとおり、

  • 敵の足音等が良く聞こえるようになり、定位感が格段に上がる
  • ボイスチャットを使ってチームプレイがしやすい

という大きく2つの効果が期待できます。

 

以下では、その2点について詳しく書いて行きたいと思います。

 

定位感が格段に上がる!

FPSにおいて、「音」の重要性は言わずもがなですね。

音は、「敵の位置」を探るための重要な情報源です。

 

相手の位置をあらかじめ把握できていれば、こちらが先制して攻撃できますし、こっそり相手の背後を取る…なんて事もできるため、キル確率も格段に高まるのです。

要するに、

音が良く聞こえる敵の位置が分かるキルが取りやすくなる

という事ですね。

 

では、FPSにおいて「音が良く聞こえる」とは、どういう意味なのでしょうか?

それは、必要な音(足音など)が強調されており、かつ音がした方向が高い精度で分かる事です。

 

テレビやモニタのスピーカーからでも音は聞けますが、どの方向から音がしたかはかなり分かりづらいですよね。

また、普通のゲーミングヘッドセットだと強調される周波数が固定なので、ゲームによっては足音が聞こえづらい場合があります。(例えば、足音もゲームによって周波数が異なるので、同じヘッドセットを使っていても聞き取りやすさが変わる場合があります。)

 

MixAmpは、増幅または減衰させたい周波数を自由に決めて設定できるため、必要な音だけをハッキリと聞けるのです。

足音の音量を大きくして、それ以外の音は小さくする・・・という感じに、音の種類ごとに細かく音量調節ができるイメージですね。(このように周波数ごとの音量設定をイコライザ設定と言います。)

 

さらに、MixAmpを通す事でバーチャルサラウンド化できるため、音がした方向もより高い精度で把握することができます。

 

バーチャルサラウンドとは?

普通のヘッドセットは左右の2つのスピーカーからしか音が出ないため、音が鳴った方角は左右の2パターンしか分かりません。

 

そこで、例えばあなたの周りに5つスピーカーを置いてみるとどうでしょうか?

左右の2つのスピーカーから音を聞くよりも、どの方角から音がしたのかがハッキリ分かりますよね?

 

サラウンドとは、このように複数のスピーカーを置く事で、音の方角をより鮮明にできる方式の事を言います。

しかしながら、実際問題スピーカーをヘッドセットに複数付けるのはコストもハードルも高くなります。

 

そこで、音の強弱や遅延をソフトウェアで制御し、2つしかないスピーカーをあたかも複数あるかのように錯覚させるのがバーチャルサラウンドになります。

 

バーチャルサラウンドの効果は?

私も実際使ってみて驚きましたが、バーチャルサラウンドにすると世界が変わります。

FPS以外のゲームをやるにしても没入感が全然違いました。

本当に、あたかも自分がそこに居るかのような感覚が得られます。

 

ただ、サラウンドは脳に錯覚させるため、効き具合は個人差があるようです。

しかしながら、サラウンド機能を使わなかったとしても定位感は抜群に良くなるのでご心配なく!(プロの方はむしろサラウンドを切ってる方が多いのだとか…)

 

FPSでは、音が聞こえる方向がより鮮明に、それ以外のゲームでも高い没入感が得られるため、個人的にはバーチャルサラウンドは是非とも体験していただきたいです!

 

PS4で使えるサラウンドヘッドホンは少ない!?

バーチャルサラウンドはとても素晴らしい機能なのですが、実はPS4でバーチャルサラウンドに対応しているヘッドセットはとても少ないのです。

と言うのも、殆どの安いゲーミングヘッドセットの謳い文句にある「バーチャルサラウンド対応」は、PCで使用する時だけしか機能しないのです。

 

PS4のバーチャルサラウンドに対応しているヘッドセットは、例えば以下のような製品があります。(というかほぼこれくらい?)

現状発売されているサラウンドヘッドセットは、どれも1万を超えていたり、種類が少なく気に入ったデザインでは無かったりと難点がありました。

 

そこで、好きなヘッドセットを手軽にバーチャルサラウンド化できるMixAmpの出番!という訳です。

私の場合も、自分のお気に入りのヘッドセットをサラウンド化したかったため、上記のようなヘッドセットではなくMixAmpを購入した訳です。

 

ボイスチャットがしやすい!

FPSをやる上で、フレンドとボイスチャット(VC)をしながらプレイしている方も多いのではないでしょうか?

VCをする時に問題になるのは、ゲーム音とボイスチャット音声のバランス調節だと思います。

 

バランス調節は、通常PS4の「パーティー」メニューから行うため、調節するには毎回PS4のメニュー画面に戻って設定し直す必要があります。

 

しかし、MixAmpでは本体にゲーム音とボイスチャット音声のバランス調節ダイヤルが付いているので、「ちょっと聞き取りづらいな・・・」と言った時にすぐ調節する事ができるのです。

 

これが想像以上に便利です。

一緒に遊ぶフレンドによってマイクの音量が違うので、一々「パーティー」メニューを開き、さらに「パーティー設定」から音量調節を行うので、かなり面倒でした。

これをダイヤル1つでサクッと調節できるのですから、今ではストレスフリーです!

 

イコライザ設定の切り替えが楽!

便利な点はまだあります。

上記で「周波数ごとに音量を設定(イコライザ設定)できる」と書きましたが、このイコライザ設定を本体のボタンに複数登録できるのです。

 

これの何が便利かと言うと、一々設定を入れ直さなくて良くなるという点です。

イコライザの設定は、通常PCに接続して専用ソフトを起動し変更するので、その手間を省けるのはかなり便利です。

 

例えば、「FPSもやるけど、普通のゲームもやるし、映画も見る」という場合を考えてみます。

FPSの場合、「低音と高音を強調し、それ以外は下げる」といった極端なイコライザ設定を行う事が多いため、普通のゲームや映画鑑賞に向かない事が殆どだと思います。

 

そんな時、MixAmpではFPS用、一般ゲーム用、映画用、といった形でイコライザ設定を用途別に作成し、最大4つまで本体に登録しておくことができるのです。

さらに、4つの設定の切り替えはアンプ本体のボタンでワンタッチ変更できるので、素早く簡単に切り替えできます。

 

アンプを購入する上で下記のような類似製品もあったのですが、ワンタッチで複数のイコライザ設定を切り替えられるMixAmpを選びました。

 

MixAmpと相性の良いヘッドセット

このMixAmp、実はA40という同社のゲーミングヘッドセットとセットになったものも発売しています。

 

A40はMixAmp用に作られているため、MixAmpとの相性は言うまでもありません。

しかし、私の場合はA40のデザインが個人的に気に入らなかったので、MixAmp単品を購入しました。

ちなみに、セットで購入した方が単品で購入するよりお得なので、特にこだわりが無い方はセットを購入すると良いと思います。

 

私のようにヘッドセットは自分で選びたい!という方は、音質がフラットなヘッドセットがおすすめです。

と言うのも、イコライザ設定により自分で鳴らしたい音を自由に味付けできるので、ヘッドセット自体はできる限り味付けのないフラットな方が向いているのです。

 

実際、手持ちの2〜3,000円くらいのヘッドセットで試してみましたが、低音(または高音)の強調が元々強いものよりは、まんべんなくどの音も一定の音量設定になっているヘッドセットの方が聞きやすかったです。

 

そのため、以下のようなモニターヘッドホンや比較的フラットなゲーミングヘッドセットを使うのが良いと思います。

 

モニターヘッドホンだと、左のオーディオテクニカ製品が良いらしいです。デザインもカッコいいので、個人的にも入手次第、試してみたいと思っています。

また、ゲーミングヘッドセットだと、右のゼンハイザー(GSP300)や安価なところではソウルビート(LB-902)のヘッドセットが良い感じです。GSP300もLB-902も両方持っていますが、アンプとの相性は良いと感じています。

 

GSP300のレビュー記事でMixAmpとの相性も書いていますので、参考にどうぞ↓

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

もっと上を目指したい!という方には、少し値が張りますがネットでは最強の組み合わせと名高いゼンハイザーのGAME ZEROやGSP600が良いと思います。

 

気になる点

ここまでベタ褒めのMixAmpですが、やはり気になる点もあります。

まず1つ目が、「配線が増える」という点です。

アンプ本体からゲーム音用の光ケーブルとマイク音声用のUSBケーブルの2本のケーブルをPS4に挿すので、人によっては邪魔になったり、PS4のUSBポートが足りなくなったりすると思います。

 

2つ目が、PS4の電源を入れるたびにUSBを挿し直す必要がある」点です。

これはもしかすると私だけかもしれませんが、PS4の電源を落とした後、再度電源を入れて起動すると何故かMixAmpを上手く認識してくれず音が聞こえません。

アンプからPS4に接続しているUSBを抜いて挿し直すと何故かちゃんと認識してくれるのですが、起動するたびにこれをやるのは中々面倒です。

PS4の電源を落とさずスタンバイモードにしていれば良いのですが、自分は電源をちゃんと落としたい派なので、この点だけが唯一の不満です・・・

 

しかし、気になる点よりも上記で述べたメリットの方がはるかに上回るので、全体としては非常に満足しています。

 

まとめ

個人的には非っ常にオススメです。

手持ちの数千円の安価なヘッドセットを1万超えのヘッドセット並みの音質へ大変身+サラウンド化できてしまう素晴らしい製品です。

 

キルレで言うと0.5〜1.0くらいは上がった気がします。

もちろん個人差はあるでしょうし、単に自分が回数重ねて上手くなっただけかもしれませんが、「音」によって索敵できたと感じる回数は確実に多くなりました。

 

特に、スポットが無くなって音での索敵がより重要になったバトルフィールド5で大活躍しています。

是非、みなさんもMixAmpを使ってガンガンキルを取って下さい!

 

*1:USBで接続するタイプは使えません。

音良し!デザイン良し!コスパ良し!三拍子揃ったワイヤレスヘッドホンの紹介!

今回は、音質・デザイン・価格の全てが高水準なワイヤレスヘッドホンをレビューして行きたいと思います。

chououkiuから出ているBluetoothスマホ等と無線で接続が可能なワイヤレスヘッドホンになります。

 

今までは2,000円程度のワイヤレスイヤホンを使っていたのですが、充電がすぐ切れてしまう事と充電したまま持って行くのを忘れる事が良くあったので、ワイヤレスヘッドホンに乗り換えよう!と思い立った訳です。

 

Amazonで色々とワイヤレスヘッドホンを探しましたが、ようやく価格・デザイン・スペック共に満足のいくモノを見つけられたので、実際に使ってみたレビューを交えつつ、ご紹介したいと思います!

 


外観のデザイン

Amazonから届いてビックリ、白色を頼んだのに箱はピンクの写真が…

しかし、右の写真のように開けてみると、中身はちゃんと白色でした!一瞬、違う色のものが来てしまったのかと思い焦りました;;


f:id:ride_wa:20181222150633j:image

f:id:ride_wa:20181222150638j:image

 

本体は全体的にプラスチック製ですが、表面がマットな仕上げになっているので、そこまで安っぽい感じも無く、ベタベタ触っても指紋が付かないのも良いですね。

色もアイスホワイトのような綺麗な白色なので大変よろしい。ちなみに、色は黒、白、ピンクの3種類のラインナップがあります。

f:id:ride_wa:20181222150737j:plain

 

下の写真のように折り曲げることが出来るため、コンパクトに持ち運びが可能です。

本体の他には、ケーブル類と多国語対応の説明書が入っています。

f:id:ride_wa:20181222150732j:plain

 

ハウジングの部分には、片方にメーカーロゴの刻印、もう片方にコントローラが付いています。全体的にとてもスタイリッシュなデザインなのが気に入っています。

f:id:ride_wa:20181222150807j:plain
f:id:ride_wa:20181222150801j:plain

 

コントローラと入力端子

コントローラがハウジング部分にあるので、音量調節や次のトラックを再生するなどのコントロールが素早くできるのが良いですね。

また、中のリングの部分はランプになっており、色によってヘッドホンがどんな状態なのか一目で分かります。(例えば、充電中は下の写真のように赤く光ります。)

f:id:ride_wa:20181222150929j:plain

 

これは慣れの問題かもしれませんが、コントローラのボタン部分が少し浮いているせいか、歩きながらだとボタンが振動で揺れてカタカタ音がします。

小さな音ですし今は気になりませんが、最初は少し気になりましたね。

 

入力端子は、左の写真の通り充電用のmicroUSBイヤホンジャックが付いています。

右の写真の通り、microUSBケーブルとイヤホンケーブルが付属してきますので、充電する際やオフラインで使用する際にはこちらを接続して使います。

f:id:ride_wa:20181222150839j:plain
f:id:ride_wa:20181222150947j:plain

 

万が一、バッテリーが切れてしまったとしても、付属のイヤホンケーブルを挿せば通常のイヤホン等と同じように有線で音楽が聞けるので、バッテリー切れを気にしなくても良いのがGood!

 

装着感・防音性能

ヘッドバンドの部分は、左の写真のようにスライドさせる事で長さを調節できます。

イヤーパッドの部分については、ゲーミングヘッドセットに比べて少し硬めかな?という感じです。(ヘッドホンならこれぐらいが普通なのかもしれませんが・・・)

f:id:ride_wa:20181222150844j:plain
f:id:ride_wa:20181222150921j:plain

 

装着感は、私の頭が大きいせいもあるかもしれませんが、最初は結構キツめでした。

側圧が強いせいか、メガネにも一部干渉してしまい、すこし痛いなーと思うことも…

 

しかし、1週間もすると締め付けが緩くなってメガネとの干渉もなくなり、ちょうど良い感じになってくれました。

締め付けは最初だけ我慢が必要ですね。

 

重さはとても軽いので、何時間付けてても頭頂部や首が疲れるという事はありませんでした。

 

また、防音性能はやや高めと言った感じでしょうか。

外の音が聞こえすぎず、聞こえなさすぎずと言った感じで、主に外で付けるモノであることを考えると問題ないかなと思います。

 

音質

めちゃくちゃ良いです。あくまで個人的な感想ですが・・・

値段が安かったので、正直期待していなかったのですが、想像以上に素晴らしい音質でした。

前に使ってた2,000円のワイヤレスイヤホンと1,000円くらいしか違わないのに、格段に良いと感じましたね。

 

ボーカルはもちろん、各楽器の音も細かく拾ってくれ、それらが心地よく響くので耳の満足感がとても高かったです。

中音域を中心に、やや低音が強調されている感じでしょうか・・・(もちろん高音も綺麗に出ているのですが!)

とにかく自分の耳とはとても高相性で、音質については言う事なしでした!

 

バッテリーの駆動時間

なんと、25時間連続再生可能な大容量バッテリーを搭載しています。

移動中のみの使用であれば、1週間充電なしでも余裕で動いてました。

 

ワイヤレスイヤホンだと1日付けたら充電が必要になる事が多かったので、これはかなり嬉しかったですね。

充電するのが面倒くさい人には、かなりオススメです。

 

まとめ

chououkiuのワイヤレスヘッドホンの良い点と気になる点を以下にまとめてみました。

 

<良いポイント>

  • 本体の表面がマット加工のため、指紋が付きにくい
  • 折りたたみできるので、カバン等に入れて持ち運びやすい
  • 無線有線両用なので、バッテリーが切れても有線で使い続けられる
  • とても軽量なので、頭や首が痛くならない
  • お手頃価格(3,000円程度)なのに高音質
  • 25時間連続再生可能な大容量バッテリー搭載

 

<気になるポイント>

  • 歩くとコントローラの部分が揺れてカタカタ鳴る
  • 箱出し直後は側圧が高めで、人によってはメガネと干渉する
  • 効果音によるステータス通知のため、ペアリングに成功したか等が若干分かりづらい

 

気になるポイントもいくつかあるものの、メリットの方がはるかに大きいので、全体的にはとても満足です。

3,000円程度で購入できる上に、性能もデザインも良いという至れり尽くせり仕様

 

また、実際にその機能を使ったことがないのでレビューには書きませんでしたが、マイクも内蔵されているので、ヘッドホンのコントローラからハンズフリーで通話もできるみたいです。

 

みなさんも是非このワイヤレスヘッドホンをお試しあれ!