黒木ノ水岩

黒木ノ水岩

自分の経験や実体験を元に、商品紹介や様々なHowTo等を紹介していきます。尚、当ブログの利用や掲載内容等により生じた損害等の責任は一切負いかねますので、ご了承下さい。

プライバシーポリシー

こんにちは、管理人の和です。

下記、「プライバシーポリシー」に関して記載致しましたので、ご一読願います。

 

 

当ブログに掲載されている広告について

当ブログでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスAmazonアソシエイト楽天アフィリエイト) を利用しています。

このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

 

またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

 

Amazonアソシエイトについて

当ブログ「黒木ノ水岩」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

当ブログが使用しているアクセス解析ツールについて

当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。

このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

 

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

 

当ブログへのコメントについて

当ブログでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。

 

また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。

全てのコメントは管理人である和が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。

加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

 

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

 

免責事項

当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。

権利を侵害する目的ではございません。

記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

 

当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

 

当ブログのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

 

運営者:和

【運動ナシ!】ほんの1ヶ月で2~3kg痩せるたった1つの方法!

今回は、いつもと趣向を変えて、ダイエットについて書きたいと思います。

 

コロナ禍でテレワーク続きだった私は、

  • 仕事が忙しく残業続き
  • 家からほとんど出ない
  • ストレスでお菓子を食べまくる

という太る要素しかない生活を送っていました。

 

加えて、私自身は普段から

  • 面倒くさがり
  • 出不精で運動もほぼしない
  • 太りやすい体質
  • 甘いもの好き
  • ご飯はよく噛まずに流し込む
  • そもそも痩せたいとあまり思ってない

という感じなので、他人から言われてダイエットするも長続きせず太る一方で、痩せること自体を諦めていました。

 

しかし、ある動画がきっかけでダイエットの正しい知識を身につけることができ、今までの考え方がガラッと変わり、1ヶ月で3kgもの減量に成功したのです!

 

さらにこの1ヶ月、私自身はほとんど運動もしていなければ、お菓子も我慢していないのです。

そのため、ダイエットによるストレスは殆ど感じずに3kgも減量できました。

 

ちなみに、今もしっかり続けていて、3ヶ月半くらいで10kg以上減量できています。

もはやコロナ太りで増えた分よりも減量した体重の方が多いので、コロナ前よりも痩せました(笑)

 

自分でもビックリするくらい減った上、1ヶ月以上も続いたダイエット方法はこれが初めてだったので、

「どのダイエットも長続きしない」

「痩せるのは無理だと思っている」

「痩せたいけど何から始めればいいか分からない」

と言う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

運動せずに痩せるたった1つの方法

結論から書いてしまうと、運動せずに痩せる方法は、

食事改善をする

事です。

 

ここで大事なのは、

「食事制限ではなく

「食事改善である

と言う事です。

 

食事を減らして制限するのではなく、食事の内容を見直して改善するので、空腹感を感じず無理なく続けられるのです。

 

さらに、ダイエットでは

食事9割、運動1割

とも言われており、食事を制すればダイエットを制したも同然というわけですね。

 

そもそもダイエットという言葉自体、「痩せる」という意味ではなく「食生活、食習慣」という意味なので、食事がいかに大事なのかお分かり頂けると思います。

 

ただし、気をつけて欲しいのは、「運動をしなくていい」訳ではないという事です。

単純にカロリー制限だけをしていると、筋肉も痩せ衰えていき、逆に痩せにくい身体になってしまいます。

 

これを防ぐためには、やはり適度な運動で筋肉を維持することが必要です。

 

しかし、いきなり運動しろ!と言われても私のように今まで殆ど運動していない人には難しいのが現状です。

 

なので、まずは食事を見直して、ダイエットに対するモチベーションを上げるという最初のステップとして捉えてもらえればと思います!

 

ダイエットはコロナ禍の今がチャンス!

先ほど、痩せるには「食事改善」が必要であると言いました。

 

勘の良い方はお気づきかと思いますが、実はダイエットを始めるには「コロナ禍の今」が最大のチャンスなのです。

 

理由は簡単で、

家にいる時間が長い

食事をコントロールしやすい

からです。

 

コロナ前は、飲み会や出張などで人と外食する機会が多かったのではないでしょうか。

しかし、コロナで外に出られない今、人と食事をする機会が減ったことにより、他人に影響されず自分がどんな食事をするかは自分で決めることができます。

 

よって、自分の食事を改善するという意味では、コロナ禍の今こそがチャンスなのです!

 

どうやって改善するの?

PFCバランスを考えよう!

それでは、具体的にどうやって食事改善するのかと言うと、

PFCバランスを考える

だけです。

 

PFCとは、以下の三大栄養素の事です。

  • P=タンパク質(Protein)
  • F=脂質(Fat)
  • C=炭水化物(Carbonhydrate)

 

食事改善とは、このPFCバランスを考えて、総摂取カロリーを1日の総消費カロリー以下にするだけなのです。

 

総消費カロリーとは、1日に消費するカロリーの合計の事です。

 

そのため、総摂取カロリー<総消費カロリーにすれば、体重は自然と減少していく訳ですね。

 

じゃあ総消費カロリー以内なら何を食べていいのか?と言うと、そうではありません。

ここで重要なのは「総摂取カロリーの中身」です。

 

タンパク質も脂質も炭水化物も、人間が生きていく上で欠かせない栄養素であるため、これらをバランス良く取り入れることが必要になります。

このバランスに偏りがあると、体調が悪くなったり、逆に太りやすい体質になってしまいます。

 

「でも、カロリー制限は辛いんじゃないの?」と思われる方がいるかもしれませんが、PFCバランスを守ることで、逆に空腹感を感じず長く続けられるのです!

 

何故なら、PFCバランスを守ろうとすると、大抵の人は「脂質を減らしてタンパク質・炭水化物を多く摂る」事になるからです。

 

実は、PFCをそれぞれ1gあたりのカロリーに換算すると、

  • P=4kcal
  • F=9kcal
  • C=4kcal

と、なんと脂質は他に比べて2倍以上のカロリーがあるんです。

 

つまり、脂質を抑えるだけで摂取カロリーを大幅に削減できるわけですね。

 

脂質を減らした分、タンパク質と炭水化物で補ってあげることで、空腹感を感じずに総摂取カロリーを抑えることができるのです!

 

さらに、このPFCバランスと総摂取カロリーを守れるなら、お菓子を食べても良いのです。

 

なので、ダイエット中に自分の好きなものを全く食べられない!と言う事が無いため、ストレスが少なく長く続けられると言うわけですね。

 

総消費カロリーとPFCバランスを計算しよう!

では、具体的に1日にどれくらいのPFCを摂れば良いのでしょうか?

 

自分に必要な1日のエネルギー(総消費カロリー)は、

総消費カロリー = 基礎代謝 × 1.2

で求められます。

 

基礎代謝は、以下のサイトで簡単に求めることができます。

このとき、「体脂肪」の項目に自分の体脂肪率を入れると、さらに正確な値が出てきます。

基礎代謝量の基準を自動計算してみよう。基礎代謝を知って健康的ダイエット! - E-計算!

 

体脂肪率は、体組成計で簡単に測定する事ができます。

私の場合は、アプリ連動で毎日の体重や体脂肪率の変化を自動的に記録できる以下のような体組成計を使っています。

 

が、ちょっとお高めなので、アプリ連動がいらない人は、タニタの安価な体組成計もオススメです。

 

自分の基礎代謝は、先ほどのサイトで出てきた値のうち、最も低い値を参考にすると良いでしょう。

 

ちなみに、1.2という値は「生活レベル」を表しています。

今回は、ほとんど動かない場合を想定しているので、この値にしています。

 

運動も取り入れたい!という方は、先ほどのサイトの「生活レベルによる消費カロリー計算」の値を参考に、ご自身の生活レベルにあった値で計算してみてください。

 

自分の総消費カロリーが分かったら、次にその中でPFCをどれくらい摂ればいいかを計算してみます。

 

おおよそ、以下の値を参考にすると良いと思います。

  • タンパク質:総摂取カロリーの30%
  • 脂質:総摂取カロリーの20%
  • 炭水化物:総摂取カロリーの50%

 

例えば、基礎代謝が1,500kcalの人だと、こんな感じになります。

  • タンパク質:112g
  • 脂質:33g
  • 炭水化物:187g

 

1日の食事を「見える化」しよう!

PFCバランスを計算できたら、次は1日の食事を記録して「見える化してみましょう。

 

実は、この見える化」が食事改善にとって最も重要なのです。

 

食事改善は「改善」なので、今の状態から「改善」するためには、まず「今の状態がどうなっているのか」を把握する(=見える化する)ことが必要なのですね。

 

見える化」によって、今自分がどれだけPFCを摂れているか、あとどのくらい摂れば良いかが一目瞭然になります。

 

これにより、次の食事はどんなものを選んで食べれば良いかを自然に考えられるようになってくるという訳です。

 

「でも、いちいち食事の記録なんて面倒だな~」という方には、食事管理アプリが圧倒的に便利なのでオススメです。

 

おすすめの食事管理アプリ

私は、この「あすけん」というアプリを使っています。

www.asken.jp

 

このアプリを使えば、総摂取カロリーやPFCバランスを自動計算してくれる上、1日で必要な栄養素を毎回の食事ごとに確認できます。

 

また、「あすけん」はとにかく食材や料理、市販食品の種類が豊富で、検索すれば大体何でも出てきます。

あとは、それらを登録するだけで含まれている栄養素などが全て自動的に記録されます。

 

なので、いちいち製品の成分表示を見ながら入力・計算する必要がなく、食事の記録が超簡単・便利にできるため、長く続けるならコレ一択だと思います。

 

また、「あす筋ボディメイクコース」を選択すると、PFCバランスを表示してくれるようになるので、あすけんを使う際はこのコースがオススメです。

 

1日の食事のメニューを決めよう!

さて、ここまでで皆さん自分の1日の食事を振り返ってみて、いかがだったでしょうか?

 

PFCはどれがオーバーしがちだったでしょうか?

1日の摂取カロリーは総消費カロリーからどれくらいオーバーしてたでしょうか?

 

ここからは、みなさんが「自分自身で考える」 時間です。

 

しかし、難しく考える必要はありません。

むしろパズルみたいで楽しくなってくると思います。

 

上記でも言った通り、自然と痩せるにはPFCバランスを保ちながら1日の総摂取カロリーを総消費カロリー以下にすることです。

これを満たせるような1日の食事メニューを考えてみましょう。

 

メニューを考えるときも、食事管理アプリが役に立ちます。

 

やり方は簡単で、食事管理アプリにその日食べるものを予め全部入力して、PFCバランスとカロリーが適正か確認するだけです。

 

するとどうでしょうか?

これって、決まった枠(総摂取カロリー)の中に、色んなピース(食事)の中から選んで上手いことはめこむパズルみたいだと思いませんか?

 

ただ、初めから3食すべて考えるのは難しいと思うので、朝食を食べて記録した後、じゃあ昼食は何を食べたらいいか試しにアプリに入力してシミュレーションしてみる・・・といった事から始めると良いと思います。

 

1日の食事メニューの立て方

ここからは、私の場合を例にとって、もっと具体的に1日の食事メニューの立て方を見ていきましょう。

 

私の場合、食事記録で「見える化」した結果、ぶっちぎりで「脂質」を摂りすぎていました。

なので、「脂質」を抑えてその分「タンパク質」を多くする事にしました。

 

炭水化物にしなかった理由としては、単純に肉や刺身が好きなのと、個人的に糖尿病のリスクがあったからです。

 

しかし、タンパク質を多く含む肉や魚には脂身がつきもの。

でも肉や刺身は我慢したくない!という事で、「脂質」を抑えながら「タンパク質」を摂れる部位は無いか探してみました。

  • 鶏肉(ささみ、胸)
  • 牛肉(ヒレ、もも)
  • 豚肉(ヒレ、もも)
  • まぐろ(赤身)

 

なるほど、食材を並べてみると、もう何となくどんなメニューで3食摂ればいいか見えてきましたね。

 

そこで私は、1日の食事のメニューをこう立てました。

  • 朝食:まぐろ丼
  • 昼食:おにぎり+サラダチキンスティック×2
  • 夕食:牛のヒレステーキ+ライス

 

いかがでしょう?

とてもダイエット中とは思えない豪華なメニューだと思いませんか?

 

こんな贅沢なメニューにも関わらず、PFCバランスと総摂取カロリーはしっかり抑えられているので、次の日には昨日より体重が減っているから驚きですよね。

 

私もそうでしたが、「ダイエット=食事制限」だと思っていた時期は、質素な食事しか摂れないと思っていました。

 

しかし、「ダイエット=食事改善」だと考え「自分で自由に食事をデザインできる」んだと分かった途端、まったくストレスが無くなったのです。

 

何故なら、こんなふうに自分が食べたいものを考えて、選んで、工夫して摂取できるようになったからです。

 

たった1日だけ、自分の食事メニューを試しに考えてみるだけで、

ダイエット=つらいこと から

ダイエット=楽しいこと に変わったと思いませんか?

 

このマインドチェンジができたなら、あとは「続ける」だけです! 

 

継続が命!でもどうやって続ければいいの?

ダイエットに限らず、何事も「継続」しなければ「成果」は出ません。

 

しかし、ダイエットの方法論は知っていても、それをどう継続していけばいいかが分からない、分からないから続かない、といった方が多いのではないでしょうか。

 

これは本当に私もそうで、何も考えずにただ「頑張って続ければいいんだ!」と思っていると全く続かないんですね。

 

何故なら、皆さんが思っている以上に、人間の意志力は小さく頼りにならないものです。

逆に「いつまでに○kg痩せるぞ!」と意気込めば意気込むほど続きません。

 

ではどうすればいいのか?

 

結論から言うと、

「ダイエットを楽しむ」

たったこれだけです。

 

私自身、特に今まで痩せたいという意志も気力も無かったくらいですし、ダイエットを楽しめるようにさえなってしまえば、意志力なんて必要ないんです。

 

なぜそうするのかを理解して納得する

じゃあどうやって楽しむのか、という事になりますが、まずは自分にとって必要だと感じることが大切です。

 

そのためには、「なぜこれをすると良いのか」を自分の中で理解して納得することが必要です。

 

例えば、健康診断で毎度のように「野菜摂りましょうね〜運動しましょうね~」と言われてもやらないのと同じで、他人から言われても素直に「ハイそうですか」とならないのが人間です。

 

一方で、「自分が」必要だと感じたから野菜を摂るのだとしたらどうでしょうか?

全くモチベーションが違ってくると思いませんか?

 

例えば、自分の一週間の食事を見える化していて、「毎日の食事にビタミンや食物繊維が足りないなぁ~」という事に気づきました。

じゃあビタミンと食物繊維が摂れる食材は何だろう・・・と調べたところ、レタスなどの野菜類が出てきました。

 

するとどうでしょう?

「じゃあ今日は野菜サラダをコンビニで買ってこようかな!」となる気がしませんか?

 

なので、私が今まで書いてきたことを皆さんの中で理解して納得いただけたなら、もうそれだけで第一ステップはOKなのです。

 

すぐに痩せるという幻想を捨て、長い目で考える

この考え方、長く続けていく上でとっても大切です。

 

何故なら、食事は一時的なものではなく、一生涯続くものだからです。

 

「短い期間で痩せよう」と思うと、確かに短期間集中して頑張れば一時的には痩せますが、その短期間に我慢していた分が爆発し、リバウンドを招いてしまいます。 

 

なので、ダイエットはそもそも「短期集中型」ではなく「長期継続型」だと認識を改めることが大切です。

 

また、ダイエットを長い期間で捉えると、心にゆとりが生まれるというメリットがあります。

心にゆとりがないとそもそも楽しいなんて気分にならないですよね。

 

例えば、短期間でやろうとすると、食事改善や運動などあれもこれもいっぺんにやらなければならず、疲れてしまうと思います。

 

しかし、長期間でやる場合は、まず食事改善をやってみて、余裕が出てきたら運動もしてみようか・・・と言ったように、無理なく自分が続けられるペースでダイエットできるのです。

 

さらに、特に○月までに○kg!という目標も無いので、「次はこうしよう、ああしよう」など試行錯誤できる余裕が生まれ、ダイエットをより楽しむことができるようになります。

 

がんばって痩せようと思わない

がんばること自体は良い事なのですが、こと「続ける」という観点においては、むしろ「いかに楽するか」を考えたほうが良いです。

 

何故なら、頑張ろうとすればするほど、人間はその物事が嫌になってくるからです。

そもそも「頑張ろう」と思わないとできないのであれば、それは既にその物事が嫌になっている証拠です。

 

人間、嫌なことは続きません。

なので、いかにダイエットを頑張らないかが重要になってくるのです。

 

例えば、前段で1日の食事メニュー例として以下を挙げました。

  • 朝食:まぐろ丼
  • 昼食:おにぎり+サラダチキンスティック×2
  • 夕食:牛のヒレステーキ+ライス

 

このメニュー、できるだけ「手抜き」で作れるようになっています。

 

朝食は、前日にまぐろの切り身パックを買っておけば、当日ごはんをよそうだけでOKですよね。

昼食は、出社してると考えて、コンビニで買えるものをチョイスしました。

夕食も、会社帰りに肉を買って焼くだけなのでお手軽です。

 

とにかく続けるためには、「嫌にならない」ことです。

 

少しでも「面倒だな・・・」とか「嫌だな・・・」と思ったら、すぐにやめて他の方法を探すようにしましょう。

例えば、ヒレステーキも買って作るのめんどくさいな・・・と思えば、いっそレストランなどでヒレステーキを食べるのも一つの手です。

 

一気にやろうとせず、小さな事から始める

長続きしない人にありがちなのが、「すべて一気にやろうとする」ことです。

 

まずは、今の自分が「これならできそう」と思う小さな事から始めるようにしましょう。

 

例えば、今日から食事改善をしよう!と思ったら、

  • 1日目:基礎代謝を計算する
  • 2日目:「あすけん」アプリを入れて、PFCバランスを設定する
  • 3日目:「あすけん」に今日の食事内容を記録する
  • 4日目:1日の食事メニューを考えてみる
  • 5日目:夕食だけPFCバランスを考えたものにしてみる
  • 6日目:昼食、夕食をPFCバランスを考えたものにしてみる
  • 7日目:1日の食事メニュー通りの食事をする

 

こんな感じで、ゆっくり一つずつ段階を踏んでいけばいいのです。

 

何故かというと、小さな目標を達成するたび、人間はそれを「成功体験」として認識します。

つまり、こんな小さなことでも「達成」できると「喜び」を感じるようになるので、特に頑張らなくても勝手にやるようになるのですね。

 

ここにさらに毎日体重を測って記録していけば、体重という目に見える「成果」が得られるので、ダイエットがどんどん楽しくなってくるわけです!

 

完璧主義になりすぎない

食事改善に慣れてきたころ、陥りがちな部分かと思います。

 

例えば、1日の食事メニューを決めていたとして、急に夜飲み会が入ってきてしまったとします。

すると、「ああ~今日の摂取カロリーめっちゃオーバーしちゃった・・・」と落ち込みますよね。

さらに体重も増えてたらもう一気にテンション下がっちゃいます。

 

そんな時は、1週間の総摂取カロリー、総PFCバランスで考えると良いと思います。

 

飲み会でオーバーしてしまったカロリーは、一週間の食事の中で少しずつ調整して、一週間のトータルで見たときに±0になっていれば良いという考えです。

 

このように、一時的な問題にネガティブにならないよう、とにかく続けることを優先して気楽に楽しくやろう!と思うことが大切です。

 

よく寝るだけでも痩せる!

食事改善のほかにも、実はよく寝るだけでも人って結構痩せるんです。

 

アプリの関係で、睡眠時間と体重の相関まではちゃんと見れていないのですが、体感では睡眠時間を長く取った日ほど、翌朝の体重が減っている気がします。

 

体感ですが、7時間以上寝た日は体重が減りやすい傾向にあるような気がします。

(あすけんさん、この辺一緒に見れるようになると、とっても助かります!)

 

さらに、よく寝るメリットが2つあります。

  1. 腹が減る前に寝るので、不要な間食が減る
  2. 頭がスッキリして疲れも取れやすい

 

2つ目は色んなところでよく寝たほうが健康にいいよ!と言われてるので割愛します。

食事改善の観点では、1つ目が大きなメリットになります。

 

夜遅くまで起きていれば、当然活動しているのでエネルギーが消費されてお腹が空きますよね。

すると、寝る前にラーメン・・・等、予定していない余計なカロリーを摂取したくなってしまうのです。

さらに、腹が減っていると寝付けない・・・という悪循環に陥ります。

 

そこで、腹が減る前に寝てしまえば、睡眠時間も確保できるし、痩せるし、健康になるしで良い事づくめなのです!

 

食事改善すると日常生活も勝手に改善!?

これは続けているうちに気づいた事なのですが、食事改善をするようになってから日常生活も改善し始めました。

 

え、どういうこと?と思われるかもしれませんが、具体的には以下の通りです。

  • お菓子や脂っこいものを食べたいと思わなくなり、余計な出費が減った
  • ストレスによる暴飲暴食が無くなり、余計な出費が減った
  • 殆ど外に出なかったのが、自分で少し遠いスーパーまで買い物に行くようになった
  • 全く運動する気がなかったのに、ストレッチを始めるようになった
  • ストレッチのおかげでよく眠れるようになり、睡眠時間も確保できるようになった
  • ダラダラ仕事を続けず、夕飯までに仕事を切り上げるようになった
  • いつも休日は昼まで寝ていたが、早く起きて朝食を摂るようになった
  • 下痢気味だった便通が嘘のように改善した

 

これ全部、私自身が体験したことです。

まだまだあったと思いますが、とにかく食事改善をしただけで、体重が減るのはもちろん、他にも良い影響が出るようになったのです! 

 

もしかすると、「食事改善」=「生活改善」なのかもしれませんね。

すべてはお互いに関わりあっているので、どこかが改善されると連動して他の部分も勝手に改善されるのかもしれません。

 

これは、私にとってとてもうれしい誤算でした!

 

どうしてもお腹が空いてしまう人へ

総摂取カロリーを抑える時に問題なのが空腹感です。

 

私もこのダイエットを始めて何度か空腹感に襲われることはありましたが、以下の方法で大体は乗り切れます。

  1. 1回の食事をよく噛んで食べる
  2. 1日に必要な栄養がちゃんと摂れているか確認する
  3. 腹持ちの良いおやつを食べる
  4. 食事の時間を早める・小分けにする

 

よく噛んで食べる

食べ物をよく噛むことで脳の満腹中枢が刺激されるので、満腹感を持続させることができます。

しかし、私もそうですが早食いの人にとっては中々難しいことです。

 

なので、対策としては「強制的に噛むようにする」ことです。

具体的には、ご飯を炊くときにスーパー大麦を入れることです。

このスーパー大麦、ダイエットには本当にスーパーな食材で、これをご飯と一緒に炊いて食べるだけで代謝がよくなり体重が減るという嬉しいオマケ付きです。

 

しかし、その効果を得るためには、この大麦をしっかりよく噛んでつぶし、繊維を露出させる事が必要・・・つまり「よく噛まなければならない」のです。

 

こんな感じで、強制的に噛むように仕向けてしまえば、自然とよく噛んで食べるようになる訳ですね。

 

1日に必要な栄養が満たせているか確認する

これは、あすけんで食事を記録していれば分かります。

 

そもそも、腹が減るのは必要な栄養が摂れていないために引き起こされる現象なのです。

 

なので、3食たべてもお腹が空く・・・かといって間食におやつを食べても、すぐにまたお腹が空く・・・といった原因はこれなのです。

 

ここで言う栄養とは、PFCももちろんですが、ビタミン類も含まれます。

そのため、ご飯を食べてもお腹が減る・・・という人は、まず食事を記録し、1日に必要な栄養素がしっかり摂れているかを確認してください。

 

私の場合は、あすけんで食事を記録した結果、ビタミン類と鉄分が不足しがちだったので、以下のサプリを補助食品として飲んでいます。

 

一週間や一ヶ月単位で食事の記録を振り返り、足りない栄養素をサプリメントで補うようにしてあげてからは、食事の合間にお腹が減ることは殆ど無くなりましたね。

 

小腹が空いてしまう!という方は、是非試してみてください!

 

腹持ちの良いおやつを食べる

もちろん総摂取カロリーに影響しない範囲で、という前提はありますが、腹持ちの良いおやつを食べるのも一つの手です。

 

オススメなのは、以下のようなオオバコで作るわらび餅です。

 

作り方は超絶簡単で、オオバコを水に入れて溶かし、レンジでチンして温めてかき混ぜて冷蔵庫に入れて冷やすだけです。

 

きな粉と黒蜜をかけてもカロリーを抑えられますし、美味しいのでオススメです。

 

食事の時間を早める・小分けにする

たぶん、お腹が空くときって昼食と夕食の間か、夕食後だと思います。

そういう場合は、夕食の時間を早めるか早く寝るのが良いと思います。

 

1日の食事の感覚は、大体4時間~5時間程度空けていれば良いと思うので、12時に食べて17時くらいにお腹が空いてきたら、夕飯を17時半とかに前倒ししてしまい、その日は早く寝る・・・というのが良いと思います。

 

もしくは、1日の食事を3食ではなく4食や5食に細分化し、細かく補給していくという方法もあります。

これは、何も毎回食事を作れ!という事ではなく、3食の合間にプロテインや市販のサラダチキンを1つ食べるなど、簡単なものでもOKです。

 

こうすることで、食事の間隔を短くし、空腹感を起きづらくすることができるわけですね。

 

まとめ

今回は、今までとかなり趣向を変えて、ダイエットのお話でした。

 

重要なポイントをまとめると、

  1. 1ヶ月で2~3kg痩せるためには、「食事改善」をする!
  2. 「あすけん」などのアプリで1日の食事を「見える化する!
  3. 総摂取カロリー < 総消費カロリーになるよう、コントロールする!
  4. 総摂取カロリーの中身は、PFCバランスを考える!
  5. ダイエットを楽しむ!

 

皆さん、いかがだったでしょうか?

一口にダイエットと言っても、実は結構奥が深いんだなぁ~というのを知ることができ、単純に体重を落とすだけでなく一生モノの知識や経験を得ることができたような気がします。

 

今まで、ダイエットなんて正直モテたい奴が必死こいてやるものだろ!とやりもしないのに馬鹿にしてた自分を大いに反省しました。

 

ここに書ききれなかったので、次回は色んなダイエットメニューや食事の摂り方などを紹介して行ければいいなと思っています。

 

それでは、皆さんも楽しいダイエットライフをお過ごしください!

 

健康的にテレワーク!電動昇降デスクとおすすめカスタマイズの紹介!

今回は、健康的かつ効率的にテレワークが行えるFlexispotの電動昇降デスクを紹介したいと思います。

 

このデスク、何が良いかと言うと、

健康に良い

カスタマイズ性が高い

この2点に尽きます。

 

昇降デスクは以前から注目されていましたが、近年のテレワーク需要に伴い、さらに注目度がUPしています。

 

何故なら、そもそもデスクワーク自体が座りっぱなしで血行も悪くなり寿命も縮むと言われていますし、さらにテレワークだと行動範囲も狭まるため運動量も低下しがちです。

 

そこで、立ったままでも仕事ができる昇降デスクの出番!というワケですね。

 

定期的に立ったり座ったりする事で血行も良くなる上、立ったままの方が集中力が増すため、健康に良いだけでなく仕事の効率もアップするのです!

 

さらに、デスクを自分の身体に合った高さに調節できるため、良い姿勢をキープし続けられ、腰や肩への負担も軽減できます。

 

一方、デスクのカスタマイズ性も非常に高く、自分の理想のデスク環境が構築しやすいことも重要なポイントです。

 

自分の好きな天板と組み合わせられますし、脚の幅も自由に調節できるため、様々なクランプ式グッズでカスタマイズできるのです!

 

この2つの大きなメリットにより、

自分の理想の環境で、健康的に仕事ができる

というわけですね。

 

という事で、今回はそんな電動式昇降デスクを紹介していきたいと思います。

気になった方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

テレワークでおすすめのグッズを紹介していますので、こちらも併せて読んでみてください。

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

 

電動デスク×筋トレで超手軽に運動不足を解消!

これ、めちゃくちゃおすすめな電動デスクの活用方法です。

 

電動デスクは机の上げ下げがボタンひとつで出来るので、実はテレワーク中の筋トレに物凄くピッタリなんです!

 

例えば、なかやまきんに君が紹介している「世界一楽なスクワット」をしながら仕事ができちゃいます。

 

また、私は10時と15時にアラームをセットして、時間になったら机を上にあげ、これまたなかやまきんに君の「世界一楽な筋トレ 9種目」をタブレットで流してやっています。

 

そんなの机を上げる必要ないじゃないか!と思われるでしょうが、映像を見ながら筋トレやストレッチをする場合、画面が立った時の目線と同じくらいの高さにあった方が見やすいですよね。

 

何よりも、筋トレが仕事中の隙間時間にできるので、圧倒的に継続しやすいのです。

 

さらに、仕事の合間にこのような軽めの運動を入れることで、1日中頭がシャッキリし、仕事の効率もアップするのです!

 

なので、テレワークで運動不足な人以外にも、

「痩せたいけど、運動する時間が取れない」

「筋トレしたいけど続かない」

という人にもピッタリなのです!

 

是非試してみてくださいね!

 

電動昇降デスクのココがスゴイ!

電動式なので自動昇降可能!

昇降デスクと言えば、大きく分けて以下の3つのカテゴリに分類できます。

  • 電動式
  • ガス圧式
  • 手動式

 

電動式が最も便利なのですが、その分値も張ります。

しかし、昇降デスクのメリットを最大限活かすなら、電動式一択しかないと思っています。

 

何故かと言うと、毎日デスクを上げ下げするなら、断然全自動の方が楽だからです。

 

いくら座ったままが良くないとは言え、立ちっぱなしも足が疲れますし良くありません。

大事なのは、「適度に動くこと」なのです。

 

例えば、朝イチは眠気覚ましに立ったまま仕事し、疲れたら座って午前中の仕事を終える。

昼イチもお昼を食べた直後で眠くなるので立ったまま仕事し、疲れたら座って午後の仕事を終える。

 

こんな感じで、適度に動くためには、1日に何回か上げ下げする必要があるのです。

 

これを手動でやろうとすると、当然3日くらいで面倒になってやめてしまいますよね。

だからこそ、全自動で動かせる電動式でないと習慣化せず意味がないのです。

 

モリー機能で高さを記憶できる!

このデスクは、メモリー機能によりデスクの高さを最大4つのボタンに記憶しておく事ができます。

 

一度記憶させてしまえば、次からはそのボタンを押すだけで、自動的に記憶した高さに調節してくれます。

 

つまり、座った状態の最適な高さと、立った状態の最適な高さを覚えさせておけば、ワンタッチで自動的に座り/立ちの高さを切り替えられるのです!

 

手動式やガス圧式だと、いちいち自分の最適な高さに調節しなければならないので、便利さは電動式が圧倒的に優っているワケですね。

 

様々なサイズの天板に対応!

このデスクは、天板セットもありますが脚部分の単品販売もあります。

 

つまり、他の天板と自由に組み合わせる事が可能なのですね。

 

そのため、例えば以下のように前の部分が身体にフィットするようカーブした天板なんかも取り付けられます。

 

このように、自分で別の天板を用意することもできますが、実はセット販売の天板も結構オススメです。

 

何故なら、最初から脚を取り付けるための穴が空いているため、組み立てしやすいからです。

 

自分で天板を購入する場合、穴の位置を自分で測って決める必要があります。

また、穴の位置が左右で合ってないと天板がズレて固定されてしまうため、左右均等に荷重がかけられず、モーターに負荷がかかってしまいます。

 

天板自体のクオリティも高く質感も良いため、DIYに慣れていない方や自身のない方は天板セットの購入がオススメですよ!

 

自動衝突検知で安全!

このデスクの特徴として、自動衝突検知機能があります。

これは、昇降している際に何かモノにぶつかると、自動で昇降を停止してくれるというものです。

 

電動式の場合、人間はボタンを押すだけなので、昇降途中でデスクがモノにぶつかっても気づかない事が多々あります。

 

そのため、デスク周辺に置いてあるモノが壊れたり、最悪自分自身も手や足が挟まるなど怪我をしてしまう危険があります。

そんな時、このようなセーフティ機能があると安心ですよね。

 

例えば、デスク下の引き出しや棚に気づかずデスクの下降ボタンを押し続けてしまったとします。

その場合、例え下降ボタンを押し続けたとしても、引き出しや棚にぶつかった時点で衝突を検知し、ぶつかる数センチ前の高さまで自動で戻してくれるのです。

 

この機能により、安全に電動昇降が行えるわけですね。

 

カスタマイズ性が高い!

このデスク、両脚の間の長さが自由に決められます。

つまり、天板の4辺から脚までの長さが自由に決められるワケですね。

 

これの何が良いかと言うと、モニタアームやデスクライトなどのクランプ式のグッズがほぼ何でも取り付けられると言う事です。

 

製品によってクランプ部分が何センチ必要か異なるため、挟み込める部分の長さが短いと取り付ける事ができません。

 

普通のデスクなら、デスクの端から脚までの長さは初めから決まっているので、後で取り付けたいグッズが出てきてもクランプ部分の長さによっては取り付けられない場合があります。

 

しかし、このデスクは天板の端から脚までの長さを任意の長さで固定できるため、普通のデスクより長くも短くもできるのです。

 

さらに、クランプ式のグッズを使わない方は、デスク端から脚までの長さを切り詰める事で、デスク下のスペースを広く取る事ができます。

 

このように、自分の使い方に合わせて快適なカスタマイズが行えるのです!

 

ケーブルがスッキリ収納できる!

電動式は電気の力で動くので、安い電動昇降デスクだとコードの収納スペースが無く、ブラブラしてしまう事があります。

 

しかし、このデスクはケーブル類をちゃんとしまっておける構造になっているため、垂れ下がって足に引っかかったり邪魔になったりすることなく、スッキリ収納できるのです!

 

耐荷重100kgで頑丈!

もちろん剛性もバッチリで、なんと耐荷重は100kgもあります。

 

天板が大体20kgなので、机の上に合計80kg程度乗せられるワケですね。

これだけ乗れば実用では全く問題ないでしょう。

 

また、脚もしっかりしているので、デスクの高さを最大まで上げた場合でも、グラつきは気にならない程度でした。

 

流石に紙に書いた文字を消しゴムなどで消したりする場合は少しグラグラ揺れますが、キーボードのタイピング程度では全く問題ありません。

 

他のおすすめ電動昇降デスク

Flexispotは、電動昇降デスクのラインナップがとても豊富なので、ご自身の予算と用途に合わせて選ぶと良いと思います。

足の色は、黒と白の2種類あることが多いです。

 

こちらは、ボタン操作で電動昇降のみできるモデルですが、最も安価なモデルです。

上記モデルの天板セット も販売されています。

 

こちらは、上記のものにモリー機能と障害物検知機能がついているものです。

ただし、耐荷重が70kgと少し弱くなっています。

 

さらに便利に!おすすめカスタマイズグッズ

ここでは、昇降デスクをさらに便利に使うためのグッズを紹介したいと思います!

 

皆さんの用途や環境に合わせて、自由に組み合わせてカスタマイズしてみてください!

 

モニタアーム+ディスプレイ

これはもう必須級アイテムですね。

テレワークだけと言わず、デスクワークをする方全員にデュアルディスプレイを強くオススメしたいです。

 

ディスプレイを1枚増やすだけで、

  • 仕事の捗りが2倍は違う
  • 仕事の快適さが段違い

なのです! 

 

それでは、ディスプレイとモニタアームそれぞれでオススメを紹介します。

 

おすすめディスプレイ

ディスプレイは、パネルの種類によって大きく2種類に分かれています。

  • IPSパネルどんな角度から見ても綺麗に見えるが、高価
  • TNパネル:角度を付けると黒や白っぽく見えるが、安価

 

個人的には、ある程度角度を付けても色が変化せず綺麗に見えるIPSパネルのものを選ぶのがおすすめです。

TNパネルよりは多少高価ですが、画面が見やすくストレスが少ないです。

こちらは、VESA非対応のためアームに取り付けできませんが、IPSパネルの中では安価なので、アーム不要の方にはおすすめです。

 

TNパネルでは、以下の製品が安価で性能も良いのでおすすめです。

ただし、正面以外から見ると、画面の色が全体的に黒や白っぽく見えるので、使用環境によってはストレスになるため注意が必要です。

 

おすすめモニタアーム

アームもディスプレイを使っているなら必須級でおすすめしたいアイテムです。

 

アームを使う事によって、

  1. ディスプレイを目線の高さに合わせられるため、首や肩への負担を激減
  2. ディスプレイの設置位置を自由に変更できる

というメリットがあります。

 

1つ目のメリットが最も大きく、首の痛みや肩こりに悩んでいる方にはかなりうれしい効果だと思います。

 

2つ目のメリットは、主にデュアルディスプレイなど2枚以上のディスプレイを使用する際に効果的なものです。

例えば、ディスプレイを2枚横並びや縦並び、一方は横でもう一方は縦向きに設置など、配置を簡単かつ自由に変えることができます。

 

ディスプレイが1枚の方は、こちらが作りもしっかりしていておすすめです。

 

ディスプレイが2枚の方は、こちらがおすすめです。

私は、現在1枚を横向きにして、隣にもう1枚を縦向きにして使っています。

 

また、お金が無いよ!という方でノートPCをお使いの方は、是非PCスタンド+キーボード+マウスを試してみてください。

 

PCスタンドを使う事で、アーム同様ディスプレイを目線の高さ付近に持ってこれるので、首の痛みや肩こり解消になります。

 

また、上記のアームに取り付けることで、ノートPCを乗せられるようになるトレーもあるので、予算と使用環境によって組み合わせてみてください!

 

モニタ台

卓上にモニタを置く場合は必須級のアイテムですね。

 

モニタ台を置くことでディスプレイ位置の嵩上げができるだけでなく、キーボードを台の下に収納できるので、机のスペースを広く使う事ができます。

 

さらにこちらの製品は、何パターンかに長さや高さを調節でき、サイドにタブレットやペンなどの収納スペースも作ることができるため、とても便利です。

 

その他は、以下のような製品が小物+キーボード収納もできて良いのではないかと思います。

 

電源タップホルダー

昇降デスクの場合、電源タップは床に置かず机の上に置くことが殆どだと思います。

 

下に電源タップを置いてしまうと、PCやディスプレイなどの電源コードが机上から床に向かってたくさん伸びてしまい、コードが絡まる原因になります。

 

なので、電源タップを机の上に固定し、机上から床に伸びるコードを極力少なくする事で、スッキリ快適に使うことができるワケですね。

 

そして、そんな時役に立つのが電源タップホルダーです。

クランプ式になっているので、机の端に電源タップを固定することができます。

 

少し高価ですが、タップを挟み込む部分が360度回るタイプもあります。

取付方に幅が出るため、大変便利ですよ!

 

USB充電器

机の上に1つあると便利な複数口のUSB充電器です。

これ1台でUSB充電の機器をたくさん繋げられるため、机上にたくさんデバイスを置いてる人なんかは必須級なのではないでしょうか?

 

こちらの製品は複数繋げても素早く充電できるのでオススメです。

 

足置き

これ、案外便利で自分の中ではかなりオススメなグッズです。

 

足置きって、意外と高さが調節できないものが多いんですよね。

それも、かなり低い位置からそれなりの高さまで調節でき、省スペースで置けるのは恐らくこの製品だけです。

 

オットマンだとデカすぎて机の下のスペースに置けませんし、そもそも最低の高さが高すぎて足が下斜めにならない…

かと言って、ただの足置きは高さが調節できない…

 

そんな私の悩みを全て解決してくれました。

値段はそこそこお高いですが、剛性もしっかりしており、買って良かったと思っています。

 

後付け引き出し

今まで引き出し付きの机を使っていた方は必須なのではないでしょうか。

 

天板の種類にもよるかもしれませんが、大抵は引き出しがついていないので、以下の製品のように後から付けられるタイプの引き出しが便利です。

こちらはかなり高価ですが、安定性や収納力も高くおすすめです。

 

大きい引き出しじゃなくてもいいから、小さめの小物入れが欲しい!という方にはこちらがオススメです。

実際私も使っていますが、安定性もあり収納力もそこそこあるので重宝しています。

 

上小物入れ

今まで、引き出し付きのデスクを使っていたので、引き出しの無い昇降デスクにした時はモノの収納に頭を悩ませていました。

 

そんな時、安くて収納力・利便性バツグンのこのグッズに出会ったのです。

 

紙製ですが丈夫で軽く、重ねて使う事もできるので大変便利です。

クランプ式の引き出しが付けられない方は、是非試してみて下さい!

 

キーボードスライダー

デスク下にキーボードやマウスを収納することができ、机のスペースを広く使うことができるようになります。

 

以下のサンワダイレクトのスライダーは、短いものや長いもの、角度が付けられるものなど様々ありますので、皆さんの環境に合わせて選ぶと良いと思います。

また、こちらはやはりお値段高めですが、頑丈で安定性があるのでおすすめです。

 

デスクライト

何かと机の上で作業することが多い人は必須なのではないかと思います。

デスクライトも卓上のものからクランプ式まで様々あります。

 

なるべく机のスペースを広く使いたい場合は、クランプ式のものがオススメです。

 

そんなに立派なものでなくても良いという方は、ダイソーなどの100均にも小さめのデスクライトが売ってるので、試してみても良いと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、健康的かつ快適にテレワークやリモートワークができる電動昇降デスクを紹介しました。

 

私もこの電動昇降デスクを使って半年以上経ちますが、とても便利で重宝しています。

 

特に、

  1. 座りっぱなしにならないので、体が凝らない
  2. 眠い時や集中したいときにパッと立って仕事ができる
  3. 自分の理想の仕事環境を作れる

という所がかなり気に入ってます。

 

みなさんも、コロナ禍の今だからこそ働く環境を見直して、健康で快適に元気なワークライフを送ってみませんか?

 

144HzのIPSモニタが2万円?!超絶コスパのFPS向けゲーミングモニタをレビュー!

今回は、144HzのIPSモニタでありながら、2万円強という最強のコストパフォーマンスを誇るPixioのPX247を紹介します。

 

普通、144Hzのモニタと言えば、最低でも2.5万以上するものが殆どです。

さらにTNパネルより高価であるIPSパネルであれば、最低3万以上はかかります。

 

そんな中、2万円強で買えてしまう144HzのIPSゲーミングモニタは、恐らくこのPX247だけでしょう。

 

しかし、Pixioなんてあまり聞いたことないメーカーだし、安かろう悪かろうなんじゃないか?と不安に思われる方もいるのではないでしょうか?

 

先に結論から言ってしまいますが、

全く問題なかったです。

 

文句なしの性能144Hzのヌルヌル動作を十分に体感できるモニタでした。

 

さらに、IPSパネルなので真正面からずれた角度で見ても変色しないので、映像が大変見やすいです。

 

ゲーミングPCをお持ちで、ワンランク上の144Hzを試してみたい方にはピッタリだと思います。

 

また、PS5でも問題なく120Hzで動作する事を確認できました。

PS4は最大でも60Hzまでのため、2倍近く動きが滑らかになります。

 

Call of Duty:Black Ops Cold Warで比較してみましたが、動きが格段に見やすくなり、キルも取りやすくなったと感じます。

 

映像が滑らかに映る事によって、FPSだけでなくMMOなどあらゆるゲームをより楽しめるようになりますよ!

 

それでは、早速レビューして行きましょう!

 

PX274のココがスゴい!

圧倒的なコスパ

冒頭でも書きましたが、PX247の最大のメリットは、何と言っても圧倒的なコストパフォーマンスにあります。

 

それも、他社の追随を許さないレベルで高いです。

 

IPSパネルよりも安く作れるTNパネルのものですら、PX247より高いものが殆どなので、これがれどれだけコスパに優れているかが分かりますね。

 

また、実は更に安く買うことも出来てしまいます。

それは、メーカー公式HPからアウトレット品を購入する方法です。

www.pixiogaming.jp

 

アウトレット品は、一度開封されたものなので新品ではありませんが、新品よりも安く買う事ができます。

しかし、在庫数がとても少ないため、あったらラッキーくらいに考えると良いと思います。

 

新品でも十分安いので、144Hzを試したい方は是非手に取ってみてください!

 

144Hzの高リフレッシュレート!

リフレッシュレートとは、1秒間に何回画面が切り替わるかを表すものです。

パラパラマンガで言うと、1秒間にパラパラめくる紙の枚数の事ですね。

 

そのため、リフレッシュレートが高いほど、映像が滑らかになります。

 

通常のモニタはリフレッシュレートが60Hzであるのに対し、なんとPX247はリフレッシュレートが144Hzと倍以上もあるのです!

 

そのため、映像が体感で分かるほど滑らかに映ります。

 

映像が滑らかになる事で、より肉眼で見ている世界に近づくわけですから、一般的なゲームやMMOなどはゲームへの没入感がグッと上がるんですよね。

 

私もFF14を144Hzでやっていますが、キャラクターの躍動感やエフェクトの綺麗さも向上するので、FPS以外でもメリットはかなりあると思いました。

 

一方、FPSでは勝敗を分けるほどの大きなメリットがあります。

 

それは、敵の視認性が上がるという事です。

 

リフレッシュレートが低い場合、敵の動きがカックカクで見づらいですが、リフレッシュレートが高く滑らかな映像では、敵の動きがよく見えるようになります。

 

そのため、敵の発見が素早く行える・エイムが合わせやすくなると言った大きなメリットがあります。

 

なので、プロの方は殆どが144Hzのモニタを使用している訳ですね。

 

個人差はあるでしょうが、実際に私も144Hzにしてからエイムを合わせやすくなったなぁと言う実感があるので、是非試してみて下さい!

 

どんな角度からでも見やすいIPSパネル

モニタのパネルにも、主にTN、IPSの2種類があるのですが、PX247は、真正面から上下左右にある程度角度をつけても色差が少ないIPSパネルを搭載しています。

 

TNの場合は、真正面から少しでも角度を付けると画面が暗くなったり色が違って見えるため、映像が見づらいのですが、安価に作れるので、安いモニタにはTNパネルが採用されている事が多いです。

 

一方で、IPSの場合は、真正面から角度を付けても画面が暗くならず色差も少ないため、映像がとても見やすいのですが、TNに比べてコストがかかるので、モニタの値段は高くなる傾向があります。

 

実際の見え方を比べてみましょう。

左がTNパネルのモニタ、右がIPSパネルのPX247です。


f:id:ride_wa:20200908223647j:image

f:id:ride_wa:20200908223644j:image

 

右側面から見るとこんな感じで、TNは色が元の色と違って見えてしまいます。


f:id:ride_wa:20200908223729j:image

f:id:ride_wa:20200908223726j:image

 

上から見た場合は、さらに顕著に違いが出ているのが分かりますね。


f:id:ride_wa:20200908223849j:image

f:id:ride_wa:20200908223853j:image

 

私自身、TNパネルのモニタをここ1年使ってきたのですが、写真の通りTNだと画面が綺麗に見える位置・角度の調節が結構シビアなんですよね。

 

少しでも真正面からズレると画面が見づらくなってしまうので、椅子の座り方やリクライニングを変えるたびにモニタの位置や角度を調整しなければならず、かなり面倒でした。

 

その点、IPSはどんな角度からでも綺麗に画面が見えるため、いちいちモニタの調節をする必要がなく、とてもストレスフリーで助かっています。

 

FreeSync/G-Syncに対応!

PX247は、他にもFreeSyncとG-Sync機能にも対応しています。

ただし、G-Syncの方は非公式対応のようです。

 

FreeSyncやG-Syncは、PC側から出力される映像とモニタ側で表示する映像のタイミングを同期する事で、表示される映像のズレ(テアリング)を無くす機能の事です。

 

AMD社のRadeonシリーズ等で使われているのがFreeSync、NVIDIA社のGeForceシリーズ等で使われているのがG-Syncになります。

 

私はGeForceのRTX 2070 SUPERを使用していますが、G-Syncについては非公式ながらもちゃんと対応していました。

 

PX247はFreeSyncにもG-Syncにも対応しているので、自分が使っているゲーミングPCに依存しないのが嬉しいですね。

 

マルチモニタ環境に最適なスリムベゼル!

何とこのモニタ、この値段にも関わらずとても薄型であり、加えてベゼル幅が狭くフレームレスなデザインなのです!

 

安いモニタは分厚い事が多いのですが、PX247は写真を見ても分かる通り、下部は厚みがあるものの上部はとてもスリムな構造になっています。

ちなみに、上部は8mmくらいで下部は17mmくらいの厚さでした。

f:id:ride_wa:20200908224542j:image

 

さらに、ベゼル幅は約9mmと狭いため、マルチモニタ環境の構築に最適です。

 

デュアルモニタやトリプルモニタなどモニタを複数台並べた時に、モニタ間の境界線が細くなるため、画面が見やすく画面間の行き来もしやすいと思います。

 

また、嬉しい事にPX274自体が普通の144HzのIPSモニタの半額以下の値段で買えてしまうので、金銭的にもマルチモニタ環境が作りやすくなっているのも嬉しいですね。

 

手厚いカスタマーサポート!

本社はアメリカのようですが、日本にもちゃんと支社があり、サポートが充実しています。

 

PixioはBenQASUSに比べて知名度が無く、不安に思う方もいらっしゃると思いますが、その分サポートに力を入れているようですね。

 

特に、ドット抜けに対する返品・交換はかなり柔軟に対応してもらえるようです。

 

初期不良はともかく、ドット抜けは、モニタ製造過程でどうしても発生してしまうものなので、メーカーの返品・交換規定にはそもそもドット抜けは対象外だったり、ドット抜けは◯個以上からと言ったように保証に条件を課している場合が殆どです。

 

しかし、Pixioの場合はAmazonで購入すると、モニタが届いてから30日以内であれば、ドット抜けがあっても場合により返品・交換してくれるようです。

 

Pixio Japanの代表自ら公言しているので、安心感があって良いですね。


モニター会社役員がドット抜けを詳しく解説!ドット抜けを20倍のルーペで覗く

 

PX274の気になる点

電源やモニタが発熱しやすい

一番気になるポイントとしては、電源アダプタやモニタ本体が発熱しやすいことですね。

 

1時間も使っていると、電源アダプタやモニタ本体下部が結構熱くなります。 

 

触れないほど熱くなりはしないのですが、中々に熱くなるので、火災などに発展しないかちょっと心配になりますね。

 

今のところ、発熱による不具合などは起こっていませんが、個人的に一番気になるポイントです。

 

※追記:2021/2/15

あれから数ヶ月使ってますが、特に発熱による不具合や画面のチラつき等は無く、とても快適に使えてます。

 

スタンドと内蔵スピーカーが貧弱

これはコストカットの上で仕方なかったのだと思いますが、人によってはデメリットに感じるでしょう。

 

最初から付属しているスタンドが安っぽいのでとても貧弱そうなので、別途モニタアームを買うのが無難かなと思います。

 

私の場合は、最初からスタンドではなくアームを使う予定だったので、個人的にはデメリットと思いませんでした。

 

ちなみに、こちらのアームを使っていますが、自分の好きな位置や角度にモニタを動かせるため、スタンドより遥かに便利でオススメです。

 

また、内蔵スピーカーの音質は普通に聞く分には許容範囲ですが、お世辞にも良いとは言えないので、音質にこだわる方は外部スピーカーが必須だと思います。

 

私の場合は、ゲーミングPCにBluetoothアダプタを付け、Echo Dotを接続してスピーカーにしています。

 

これが実は結構オススメで、Echoシリーズが外部スピーカーとして中々優秀なんですよね。

 

音質も良いですし、何よりAmazonのセールでかなり安く入手でき、アレクサも使えるので何かと便利なのです。

 

ドット抜けピクセル抜けの確認方法

モニタで最も気になるのが、ドット抜けピクセル抜けがあるかどうかです。

Pixioはそのあたり柔軟に対応してくれるので、届いたらすぐにチェックしましょう。

 

しかし、ピクセル抜けは誰がどう見ても一発で分かるくらい目立ちますが、ドット抜けは画面一面を特定の色にしないと分からない事が殆どです。

 

なので、パッと画面を映してみて全体的に不具合が無ければOKなのですが、以下のサイトを使うとドット抜け等をより詳細に確認する事ができます。

液晶ディスプレイテスト for Javascript

 

モニタの動作チェックも詳細に行えるので、不安な方は一通りチェックしてみると良いと思います。

 

144Hzを出したい時の注意点

実は、どんな144Hzモニタでも、モニタとPCをそのまま接続しただけでは144Hzを出す事はできません。

 

ここでは、144Hzを出すための設定について解説します。

ついでに、FreeSync(G-Sync)の設定も行っていきます。

 

設定時のポイントは以下の4点です。

  1. PCとモニタを繋ぐケーブルをHDMIではなくDisplay portにする
  2. PC側の設定を変更し、フレームレートを144Hzにする
  3. モニタ側の設定を変更し、リフレッシュレートを144Hzにする
  4. ゲーム側の設定でフレームレートを144fpsにする

 

それでは、1ステップごとに解説していきます。

 

接続ケーブルをDisplay portにする

実は、HDMIケーブルのままでは最大でも120Hzしか出す事ができません。

 

そのため、モニタスペックの144Hzを出すには、ケーブルをDisplay portに変える必要があります。

 

PX274の場合、Display portケーブルが初めから付属しているので、それを使うと良いと思います。

 

長さが足りない方は、以下のようなケーブルを使うと良いでしょう。

 

PC側の設定を変更する

PC側では、WindowsGPUの設定を変更する必要があります。

以下、OSはWindows10、GPUGeForceの場合のやり方を説明します。

 

Windowsの設定は以下の手順で行います。

  1. 「スタート」→「設定」→「システム」→「ディスプレイ」でディスプレイのメニューを表示させる。
  2. 右側の画面をスクロールし、「ディスプレイの詳細設定」をクリックする。
  3. 「ディスプレイのアダプターのプロパティを表示します」をクリックする。
  4. 出てきたウィンドウの「モニタ」タブをクリックする。
  5. 「画面のリフレッシュレート」のプルダウンから「144ヘルツ」を選択する。
  6. 右下の「適用」を押したあと「OK」をクリックし、画面を閉じる。

 

次に、GeForceの設定を以下の手順で行います。

  1. 右下のタスクバーの「^」アイコンをクリックする。
  2. NVIDIAのアイコン(黒地に緑色)を右クリックし、「NVIDIA コントロールパネル」をクリックする。
  3. 左のメニューから「ディスプレイ」→「解像度の変更」をクリックする。
  4. 「1.変更するディスプレイを選択します。」で、「Pixio PX247」が選択されていることを確認する。
  5. 「2.解像度を選択します。」の右側にある「リフレッシュレート(R)」のプルダウンから「144Hz」を選択する。
  6. 右下の「適用」をクリックすると、「お使いのデスクトップの設定は変更されました。変更を保存しますか?」というポップアップが出るので、「はい」をクリックする。
  7. 左のメニューの「ディスプレイ」→「G-SYNCの設定」をクリックする。
  8. 「1.次の変更を適用します。」の「G-SYNC、G-SYNCとの互換性を有効化」にチェックを入れ、「全画面モードを有効化」のラジオボタンを選択する。
  9. 「2.変更するディスプレイを選択します。」で、「Pixio PX247」が選択されていることを確認する。
  10. 「3.固有設定を表示します。」の「選択したディスプレイモデルの設定を有効化」にチェックを入れる。
  11. 右下の「適用」をクリックする。

 

これで、PC側の設定変更ができました!

 

モニタ側の設定を変更する

モニタ側の設定も144Hz用に変更する必要があります。

 

PX247の場合、本体右下のフレーム下部にあるボタンで設定操作ができます。

 

ボタンの役割は以下の通りです。

  • M:決定
  • ◀︎▶︎:項目移動
  • A:キャンセル

 

以下の手順でモニタ設定を変更します。

  1. 「M」ボタンを押してモニタのメニューを表示させる。
  2. 「▶」を押し、歯車アイコンの「その他」メニューまで移動する。
  3. 「M」を押し、右側の詳細設定に移動したら、「 入力ソース」が「DP」になっていることを確認する。
  4. 「▶」を押し、「FreeSync」まで移動する。
  5. 「M」を押し、「▶」を押して「FreeSync」を「ON」にする。

 

ゲーム側の設定を変更する

最後に忘れがちですが、ゲーム側の設定も変更しておきます。

 

設定方法はゲームによって異なりますが、大抵は「ディスプレイ」「映像」「画面」など、モニタに関わる項目を選択すると出てきます。

 

そこに「フレームレート」を設定する項目があれば、「144fps」に設定すればOKです。

詳しくは、各ゲームの設定方法を参照してみてください。

 

設定できたかの確認方法

ちゃんと144Hzに設定できてるかは、マウスのポインタを動かしてみるとすぐに分かります。

 

マウスのポインタを素早くぐるぐる回して、円を描いてみてください。

60Hzと144Hzとでは、ポインタの残像の数が2倍くらい違ってるはずです。

 

60Hzの時より多くポインタの残像が映っていれば、少なくとも60Hzより高いリフレッシュレートに設定できている証拠です。

 

より正確に調べるのであれば、他にも方法は色々ありますが、ここでは割愛します。

 

実際に使ってみた感想

画面の見え方

さすがIPSパネルと言ったところで、真上や真下、真横などかなり角度を付けて見ても色の変化がなくとても綺麗に見えます。

 

発色も文句なしの鮮やかさで、以前使っていたTNモニタと同じかそれ以上だったのでとても満足です。

 

ただ、私自身は全く気になりませんが、黒色が真っ黒ではなく若干白っぽいかなぁ?という感じです。

気になる方は、モニタやゲームの設定を調整してみると良いと思います。

 

画面の表示については、個人的に全く問題なく十分なクオリティだと感じました。

 

144Hzの実力

144Hzの高リフレッシュレートはやはり凄いですね。

明らかに映像の滑らかさが違っていて、とてもヌルヌル動きます。

 

一番驚いたのが、FPS以外のゲームをやる時でもかなり使えると言うことです。

 

FPS目的で買ったので、正直他のゲームはこんな高リフレッシュレートなんか要らないだろうと思ってましたが、没入感が全然違いますね。

 

もちろんFPSでも144Hzは思ったよりも恩恵があり、エイムは確実に合わせやすくなったかなと思います。

 

特にAPEXなどの視界が激しく動くFPSでは、移動中でも周りがよく見えるので恩恵は大きかったです。

 

品質について

品質については、梱包もしっかりしており本体にキズなども無いですし、期待通りのスペックが満たされているので問題ないと思います。

 

また、届いてからすぐにドット抜けピクセル抜けが無いか検査もしてみました。

 

結果、ピクセル抜けはありませんでしたが、2箇所にドット抜けがありました。

幸い全く目立たないものだったので、そのまま放置しています。

 

もし気になった場所にあってもサポートに連絡すれば良いので、安心ですね。

 

まとめ

今回は、超絶コスパな144HzのIPSモニタであるPX247を紹介しました。

 

正直、聞いた事ないメーカーの製品だったので人柱覚悟で購入したのですが、全く問題なく良い製品でとても満足しています。

 

IPSで144Hzという高スペックでありながら、よくぞこんな破格の値段で出せたものだと、企業努力に感心してしまいました。

 

また、144Hzの威力が想像以上にすごく、FPSでエイムが合わせやすくなるだけで無く、ゲームの没入感も格段に向上するので、もう60Hzには戻れない!と思ってしまう程でした。

 

皆さんも、是非PX274で144Hzのヌルヌル体験を味わってみてくださいね!