黒木ノ水岩

黒木ノ水岩

ゲームを中心に様々なものを趣味の赴くままに紹介していきます。尚、当ブログの利用や掲載内容等により生じた損害等の責任は一切負いかねますので、ご了承下さい。

カラーボックスにピッタリ入る!手作りハムスターケージの作り方!

今回は、カラーボックスの中にピッタリ収まるハムスターゲージの作り方を紹介したいと思います。

 

新しくロボロフスキーハムスターを迎え入れるにあたり、狭い部屋なので床にケージを置くスペースが無く悩んでいました。

そこで、元々あったカラーボックスの1スペースを有効活用出来ないか試行錯誤した結果、今回のケージが誕生した訳です。

 

自分で言うのもなんですが、作り方も簡単安価機能性抜群の手作りケージが作れたので、せっかくだから紹介しようと思い記事を書きました。

 

ロボロフスキーやジャンガリアンなどの小型ハムスターにはちょうど良いサイズのケージだと思いますので、気になった方は是非試してみて下さい!

 

ゴールデンハムスターサイズの手作りケージはこちら↓

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

 

 

ケージの紹介

はじめに、どんなケージが出来上がるのかを紹介します。

また、今回使用したカラーボックスは以下の製品になりますが、他社製でも内寸は殆ど変わらないと思います。

 

外観について

こんな感じで、カラーボックスにピッタリ収まるサイズになっています。

ちなみに、中にいるのはロボロフスキーのロボちゃんです。

f:id:ride_wa:20190721130416j:plain

 

金網を開くと、中はこんな感じになっています。

f:id:ride_wa:20190721130916j:plain

 

機能性について

今回のケージの最重要ポイントの1つは、床が引き出し式になっている事です。

f:id:ride_wa:20190721131137p:plain

 

これの何が素晴らしいかと言うと、ケージの掃除が非常に楽になるのです!

トレーの中には、下の写真のように床材+グッズが乗っているので、トレーのみを引き出すことで一度に全てお掃除できるのです。

f:id:ride_wa:20190721131242j:plain


さらに、お掃除中でもハムちゃんをケージの中で待たせておくことができるのも地味に便利です。

f:id:ride_wa:20190721133414j:plain

ケージの掃除でよくある問題が、掃除中のハムちゃんの居場所確保です。

私はいつもハムスターボールに入れていましたが、ボール自体ハムちゃんの安全にはあまり良くありません。

しかし、トレー式にしたことで、掃除中も安全なケージの中でハムちゃんを待たせておくことができるのです!

 

懸念点について

良いポイントはいくつもあるのですが、懸念点が3点あります。

 

1つは、トレーがプラスチックなので、ハムちゃんがカジって破片を飲み込んでしまわないかという点です。

もしハムちゃんがカジってしまうようなら、紙製のトレーに換える予定です。

 

2つ目は、金網をハムちゃんがカジって騒音にならないかという点です。

今のところは、特にかじる様子もなく、回し車の音を含めて夜は普通に眠れるくらい静かですが、個体によっては対策が必要かもしれません。

 

そして最後は、床材が金網の網目から飛び出してしまう点です。

ウチのロボロフスキーは、上記2点については全く問題なかったのですが、よく手や足で床材を蹴って飛ばしていたため、その床材が網目をすり抜けて外に飛び散ってしまっていました。

私の場合は、100均で買えるB4サイズのプラ板を切って穴をあけ、結束バンドで金網に取り付けています。

この対策は、2つ目の金網ガジガジ問題にも対応できるのでオススメです。

 

2番目と3番目の金網問題は、以下のような予め穴が空いたボードを使えば解消できると思います。

光 塩ビ板パンチング透明1×300×450mm EB4335-1

光 塩ビ板パンチング透明1×300×450mm EB4335-1

 

大きさ的にカットが必要になりますが、以下のようなカッター等で簡単に切れるようなので、試してみて下さい!

オルファ(OLFA) PカッターL型 205B

オルファ(OLFA) PカッターL型 205B

 

 

用意するもの

今回はカラーボックスにピッタリ収まるサイズという事で、何を使っても良いという訳ではありません。

特に断りのない限り、以下で紹介しているものをご使用下さい。

  • 折りたたみ式コンテナ
  • バーベキュー用の金網
  • デスクトレー(A4サイズ)
  • 結束バンド
  • マジックバンド
  • グルーガン(穴あけ用)

 

折りたたみ式コンテナ

ケージのメインとなるものには、以下の折りたたみコンテナを使います。

色も何種類かあるので、気に入った色を使うと良いと思います。

折りたたみ式なので、もしケージとして使わなくなっても折りたたんで置いたり、コンテナとしても使えるので大変便利だと思います。

 

ここで1点注意なのは、「フタ無し」を使用する事です。

フタは金網に取り替えるので、あっても良いのですが、取り外すのが面倒なので最初から「フタ無し」を選ぶと良いと思います。フタ無しの方が安いですし。

ちなみに、専用のフタが別売りになっているので、フタが必要になった場合でも後で取り付ける事ができます。

 

もし、Amazonでフタ無しが見つからない場合は、ヨドバシカメラの方で探してみると良いと思います。

 

バーベキュー用の金網

今回はこちらのサイズの金網を使います。いつものバーベキュー用の金網ですね。

かじり防止のために、予算がある人はこのフタの部分だけアクリル板に空気穴を開けたものを使うと良いと思います。

 

デスクトレー(A4サイズ)

オフィスでよく見かけるデスクトレーです。A4サイズのものを使用します。

私の場合は、以下のデスクトレーを使用しましたが、サイズが同程度であれば他社製でも問題ないと思います。

ちなみに、使用するのは中のトレーで、フタの部分は使用しません。

 

ハムちゃんがカジってしまう場合は、以下のような紙製のトレーを使用すると良いと思います。

 

結束バンド

ナイロン製の結束バンドです。100均のものでもOKです。

あまり細すぎると切れやすくなってしまうため、幅3.6mm、長さ200mm以上のものが良いと思います。

ケージの開閉部分に2本だけ使うので、本数が少ないものでOKです。

ロックタイ200青-100P

ロックタイ200青-100P

 

 

マジックバンド 

上記の結束バンドのマジックテープ版です。100均でも売ってます。

結んだり解いたりできるので、扉の開閉部分に一本だけ使用します。

元々コードやケーブルなどをひとまとめにしておくものなので、余ったテープは日常生活用途でも活躍できます。

マジックタイ135(混)5本

マジックタイ135(混)5本

 

 

グルーガン

穴あけ用の機材なので、他にプラスチックに穴が開けられるものがあれば、グルーガンでなくともOKです。

ダイソーなどの100均でも200円〜300円程度で購入できます。

ECHILUCK グルーガン 20W スティック50本付
 

 

ケージの作り方

ケージの作り方は、基本的に衣装ケースのやり方と同じです。

  1. コンテナの枠に3ヶ所穴を開け、結束バンドで結ぶ
  2. 中にトレーを入れて完成

たったこれだけです。ね、簡単でしょう?

 

ちなみに、グルーガンでの穴あけ方法ですが、グルーガン先端が十分熱されるまで待ったら、先端を穴あけ箇所に押し当てるだけです。

 

全部で30分〜1時間もあれば作れてしまうと思います。

それでは、早速以下から作り方の詳細を説明していきます!

 

以下の写真の通り、コンテナの口の部分にグルーガンで3ヶ所穴を開けます。

f:id:ride_wa:20190721144851p:plain

 

まずは、下の2ヶ所に穴を開け、結束バンドで固定していきます。

f:id:ride_wa:20190721145137p:plain

 

下の写真のように、グルーガンで穴を開け、金網と結束バンドで固定します。

このとき、金網の最下部ではなく、右の写真のようにひとマス上で固定して下さい。

f:id:ride_wa:20190721145018p:plain
f:id:ride_wa:20190721145046p:plain


上記のようにひとマス上で固定することで、開いたときに手を放しても金網が90度をキープしたまま固定されます。

こうすることで、トレーを引き出す際、不注意による落下を防ぐことができます。

f:id:ride_wa:20190721145322p:plain

 

続いて、上部の開閉部分の穴を開けていきます。

マジックバンドは少し幅が広いので、穴を開ける際は左の写真のように、まず中央に穴を開けたあと左右のすぐ近くに穴が重なるように2回追加で穴を開けると良いと思います。

穴が開けられたら、右の写真のようにマジックバンドを通します。

f:id:ride_wa:20190721150045j:plain
f:id:ride_wa:20190721150126j:plain

 

下の写真のようにマジックバンドでしっかりと止めておくことで、このバンドが扉のカギの役割を果たしてくれます。

f:id:ride_wa:20190721150154j:plain
f:id:ride_wa:20190721150208j:plain

 

あとは、トレーに床材とグッズを置いて、コンテナの中に差し込み完成です!

ちなみに給水ボトルは、以下の写真のように外付けできるので、こまめな水替えもラクラク行えます。 

f:id:ride_wa:20190721131216j:plain

 

参考に、上記で使っている給水ボトルは以下の製品です。 

マルカン ウォーターボトルフラット 小動物用 1

マルカン ウォーターボトルフラット 小動物用 1

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

改善点はあるものの、自分では結構便利で良い手作りケージが作れたのではないかと思っています。

 

材料費も、概算ではありますが2,500円程度で作れてしまうので、安価な方だと思います。

  • コンテナ:1,200円
  • 金網:500円
  • トレー:400円
  • 雑材:300円

 

作業時間も30分〜1時間程度なので、休日のちょっとした時間で作ることができ、作り方も大変簡単です。

 

また、こんなふうにハムちゃんにとっての快適さと飼い主にとっての世話のしやすさ等を考慮し、どんなケージが良いか考えることは、手作りケージならではの面白さであります。

市販のケージが高かったり、不満がある場合は、是非手作りケージに挑戦してみて下さいね!

 

過去の手作りケージ記事はこちら↓ 

kurokinomizuiwa.hatenablog.com

kurokinomizuiwa.hatenablog.com